2008年8月16日土曜日

電化製品を買うとき

おさーんとマーティンとブランチ
赤坂のウェストパークカフェ
暑くて死にそう


ビックカメラに行ってある店員さんにリニアPCMレコーダーについて質問。
かなり説得力があったので、上の階で買い物しているおさーんに報告。
もう一度その売り場に戻るとさっきとは違う店員がいた。
試しにさっきの店員にした質問と同じ質問をしてみる。
一つの質問をしたらそれに付随した答えを4つも5つも返してくる。
さらにその機械についていろいろわかった。
で、結果あらかじめリサーチしてたものと全然違う製品を買うことに・・・・。


ってそういうことってない?

洋服買いに行って「これ、ちょー流行ってますよねぇ。このお店でもちょー売れてるんですよぉ。」なんて店員に言われでもしたらイジでも買わんが、こと電化製品になると売れている商品になびいてしまうのはわたしだけ?
比べると機能的にも五十歩百歩の違いなので最後は売れ行き度を決定打にしてしまうとき多いわぁ。
そこには「あたしの機械が壊れるときはみんなの機械も壊れるはず」みたいなプチ小悪魔的安堵感なんかもあったりして。

0 件のコメント: