2008年8月14日木曜日

『Nirvanam』

南インド料理店、神谷町の「ニルヴァナム」に行った。

食事のコメントのまえにちょっとよろしいかしらん?
洋行帰りのあたしとしちゃこの「Nir」の部分を「ニル」と発音することにいささか抵抗があったりして。
Rを「RU」音でいうのってPolitically Incorrectって思うのはあたしだけ?
イタリア語のBARが日本では「バール」って呼ばれてるのもヤダわ。
巻き舌の部分は日本語では「ル」なのよね、何が何でも。
「じゃぁ、ほかにどう書けばいいのよ?」って言われても答えられへんけど。
まぁ文部省が頭ひねって決めた事だろうから文句は付けたくないけどね。
今日行ったレストランの名前に似てる(ほぼ同じ)ロックバンドのNirvanaを日本では「ニルヴァーナ」ってよんでるのもおかしいと思うのよ。Cortが天国で聞いてたら「ニルヴァーナて誰のことやねん?」ってきっと思うはずだわ。
「ナーヴァーナ」ってアメ人が発音してる感じの外来語表記やったらあかんの?
(この『ウ』に『゛』っつーのは素晴らしい発明)
もちょっと言えば、Halle Berryを「ハル・ベリー」って言うの、いい加減やめろよ、このエキゾチックジャパン。「ハリー」よ、どっちかってーと。
ハルだなんて、うちの田舎の近所にいてた「春ばあさん」じゃないんだから。
Harryとの違いを区別したいからわざわざハルってよんでるのかしらねぇ。

Dosa:あまくないドーナツ↑

Keralaシチュー(?)超ミルキー↑


本題のそのニルヴァナムでの食事だけど、新しい味でまぁまぁ美味かったっす。
今日は一人3000円のコースをいただきました。
本場で食べたらこの10分の1の値段なんだろうけどな。
南インド料理ってことなんだけど、野菜中心で大変ヘルシーらしい・・・と聞いてはいたんだがココナッツで煮てあるものが多く、ちょとミルキー。
しかもコースのパンものが揚げてあるものなのでちょっと胃にどっかりきちゃった。
お味的に辛いのを期待してたのだが、あんまり(っていうか全然)辛くないの。
それはそれで西洋のシチューみたいな感じで、真新しかったわぁ。
ちなみにお客の半分以上が外国人だったわ。場所柄ねぇ。
入った瞬間インド人っぽいお客さんも多くてなんだか安心しました。

ここはお昼の1300円ランチと24時間前要予約の「Vegitalian Meals」っつーのがMUSTらしい。また胃が元気な秋以降行きたいレストランでしゅ。

今日も北島が金取った!\(⌒▽⌒)/
再び時の男に。
フェンシングで銀を取った太田君って子も品があってかっちょええ。
ご両親様がインタヴューされてたが本当に感じの良い方達。
そちらのほうにも感動してしまった。
こういう親に育てられたらグレて人傷つけたり、引きこもったり、ましてや男色に走ったりなどはしないのだろうな・・・

「スポーツしてる人達は光ってるよね、ふふふ。」などとほの暗い麻布の地下室からひとりごちる。

写真すべてRicoh GR Digital

0 件のコメント: