2009年1月12日月曜日

超ネイバー・超ゲイバー

壁に掛けられている耽美な絵を見よ



あろうことか、うちの隣、それも入り口の門の真隣りにゲイバーができた。
門から歩いて5秒よ。
こう言ってはナンだけど場所は東京屈指の閑静なお屋敷街でゲイバーとは全く無縁よ。
日頃金持ち外人がベビーカー押してるような土地よ。
ゲイバーよっっ!(海に向かって絶叫したいわ)
し・ん・じ・ら・れ・んんんんっ! 
Ω\ζ゜)ちーん

さらに、バックルームまであるじゃないの。
麻布だっつーのよぉぉっ!二丁目でもめったにないっていうのに。
バックルームいるかぁ?(いるな、多分)
内装もかなりイケていて、ドリンクの値段も安い。
二丁目スタイルとは全然違い、気軽に行けてほったらかしにされるのがいいわ。

ついこの前までは入るとバロック音楽なんかがかかっていた大人のバーだったのに、いきなりマドンナだったからびびったっつーの。

あぁ、うるさく下品な御釜達には絶対教えたくないわ、このバー。
っていうか、今になって東京のイケてさ加減がわかってきたっていう。

2 件のコメント:

アイ さんのコメント...

まあちゃんの驚きようが面白い。
東京の土地勘がないのであれなんですが、家の隣にゲイバーができるなんて東京ってかっこいいんですね。しかも写真を見るとおしゃれな…。

でもそこではじめたということは、それなりの客入りを見込んでのことでしょ?どうやってマーケティングしたのか知りたいですね。

まぁちゃん さんのコメント...

かっこよくなかったのに、いきなりカッコいい通り越して「ファビュラス」になってしまった感があるわよ。

マーケティング、どうなってるのかしらぁ。だって、そこのオーナーさん他に「成田店」を持ってるらしいから。
成田っていうのもすごいわ。