2009年2月23日月曜日

すごレンズ

自分でいうのもナンだけど、すごい写り



松屋の恒例「世界の中古カメラ市」に行って来た。
8階大催事場はカメラオタクたちの聖地。
あたしゃ人ごみが嫌いなんだけど、カメラピーポーならなぜかオッケー。
オタクなんだろうか・・・。
その様相を写してなかったのが残念無念。

買う気(金ともいう)なんてさらさらなく、ただふらふら見て回っていたら、
あたしの目の前に以前から気になってはいたけど高くて買えなかったレンズがひょっこりと現れました。
出たな・・・。
今まで同じレンズ10個は見たけど、なかなかGOを出せなかったおまえ・・・。
ボロボロなのに、店によっちゃぁ12万とか平気でするおまえ・・・。
25年前の製造にしては綺麗な状態で、しかもレンズに目立った傷もない。
なのに相場(あぁレンズの相場だけにはちょと詳しいの)より2万は安い。
ハッセル安くなったってほんとなんだなぁ・・・とつくづく思う。
それでも疑り深いわたしは店員の前で約10分ぐらいそのレンズをカメラに付けて何回もファインダー覗いたり、ピント変えたり。
店の方も辛抱強く待ってくれてる。ってか、売りたい気分まんまんだ。
・・・欲しい。

そこで、関西人の血が騒ぐ@松屋銀座。

「これより2万安かったら買うのになぁ・・・」と一人ごとのように言ってみる。
店員:「に、2万ですか?そ、それはちょっとぉ。」
あたし:「そうよね、むちゃよね。ご縁がなかったわねぇ。さよなら。」
店員:あわてて「これぐらいでどうですか?(と、1万引いた値段を提示)」
あたし:「駄目よ。せめて15000引きじゃないと」
店員:(東奔西走して上司に聞いていて戻って来た)「じゃぁ、それで。」
ということで、相場より3万は安く買ったあたし。
ちなみにこのレンズがこの状態で10万円以下で売ってるところ、あんまりない。
それから3万引いてみぃ・・・ラッキ。
(それでもデッカい買い物ですけどね)
もちろんカメラ屋側にしてみたら、いろんなトリックがあると思うのだが、あたしは満足(と思いたい)。

ちなみにこの「世界の中古カメラ市」、去年は6日間の開催で2億も儲けたらしいけど、この不景気ではどうなのかしらん。
名器であり最高の愛玩具である「ライカ」が怒濤のごとく買われるのを待っていたから。

0 件のコメント: