2009年4月22日水曜日

さよなら、あたしの愛したピアノ



マンハッタンスクール・オブ・ミュージック受験のために購入し、あたしの青春を見つめてきたピアノと今日お別れしました。
。・゚゚・(>_<)・゚゚・。ビエェーン...
かなりキツい。人と別れるぐらい(いやそれ以上か)キツい。
このニューヨーク製のスタインウェイは、S型(一番小さい)なのにもかかわらず、「人の声」を持っていた(弾く人が弾けばね・・・あたしじゃないわよ)。
どう転んでも国産のピアノはおろか、ハン○ルグ製でも出せない『たゆたう』ような音色だった。
友達の家(すばらしい地下音楽室がある)で可愛がってもらってください。
今まで、どうもありがとう m(_ _)m

3 件のコメント:

はちがとぶ さんのコメント...

感慨深い・・・。でも、It just means it's time to move on.

nose さんのコメント...

ええええ〜まじ〜
残念!
ああ、残念。

まぁちゃん さんのコメント...

はちがとぶ様> ほんと、感慨深い。
人生の岐路でのビッグイベントでした。
それにしても引っ越しって大変。
何が大変ってビデオテープとか見もしないだろうに、捨てられないの。

nose様> コメントありがとう。
読んで下さってたなんて嬉しいわ。
あんたにも可愛がってもらったピアノだったわね。でも知り合いの家にあるから日本に帰って来たらいつでも会えるの。と、自分を慰めるわたし。