2009年4月16日木曜日

大好き Iriya Plus

この情けないおっさんの顔
しんみりムード



前にも書いたけど、入谷のIriya Plusというカフェはあたしたちの心のふるさと(ちょっと言い過ぎ?)。
久々に店長のナオミさんを訪ねました。
日本を離れる前に一度ご挨拶しておこうということで行ったのですが、やっぱり発つと完全に決まってから再度来ようと思いました。
もしわたしが日本を離れ、ふたたび東京に帰ってくることがあれば是非入谷下谷近辺に住みたいと思います。
4年前ニューヨークから東京に来たときはこの下町情緒がなんとなく自分にしっくりこずに敬遠してたのですが、今となったらちょっと虜よ。
日本人がこの激しい時代の流れのなかに置いてきてしまったものが未だしっかり残ってる街なのです。

2 件のコメント:

はちがとぶ さんのコメント...

奥サマがほとんどですます調で書いてるのを読むと、ちょっと居ずまいを正さないといけないのかなと思っちゃうよ、Iriya Plus 。 下町って時々ハッとさせられるものを持ってるよね。それは、過去の匂いだったり眺めだったりちょっと人をノスタルジックにさせるもの。ぎゃりさんのしんみり表情にも同じような心情が表れてるね。

まぁちゃん さんのコメント...

ぎゃぁ、ですます調をポイントアウトしたわねっ!
あたしも書いてなんだかいつもと違う調子って思ってたらですます調だったのかぁ。
ここ、東京にいるときに行って欲しかったわぁ。