2009年5月5日火曜日

勝どき橋で



夜の帳が下りた月島
幻想の世界に誘ってくれる



勝鬨に住んでいる友人の家でまたファンタスティックなディナー。
旦那=イタリア人、妻=日本人。
旦那は某有名イタリアンレストランin東京のmaitre'd(これって日本語でなんていうの?)だ。
今日もファンタスティックな料理に舌鼓。
写真のポークは12時間75度で煮たらしい。
12時間もかけたのに、5分で食べ終わる。
Ω\ζ゜)ちーん
死にそうに美味かったわ。
あぁ、この人の料理も食べられなくなるのかと思うとマジで感慨深い・・・。
できれば連れて行きたいのだけど・・・。

2 件のコメント:

はちがとぶ さんのコメント...

一度お会いしたきりになってしまったのよね。
こ、これが噂の・・・。 弟子入りさせて下さい!
って頼んだら弟子入りさせてくれるのかしら。

まぁちゃん さんのコメント...

おくさま>
「弟子入りさせてください」とでも言ったらきっと「まぁまぁいいから座ってなさい」って全部作ってくれそう。
そっちのほうがいいわね。