2009年5月31日日曜日

華麗過ぎる誤算

こんな甘いトマトを使った料理がマズいわけない


雲一つない空
まるでカリフォルニアだ


「これからロンドンで暮らします」って友人に言うと「うわー天気が悪くて食べ物マズいよね!!そんなとこに住みたくないわーっ!」って言い返される。
あたしもロンドンに引っ越す前はその「天気」と「食事」だけが心配だったけど、かなりの杞憂だったわよ。
天気のことはさておいて、食べ物はそんなにマズくない・・っていうかなかり美味しいと思うわ。
一週間ロンドンにいてほとんどが外食なんだけど、今まで一度もマズいものなかったわよ。
いつマズいものにブチ当たるかドキドキしてるんっすけど。

確かに10年前ロンドンに旅行で来たときに食べた飲茶が死ぬほどマズくて閉口したわぁ。
しかもそこは地元の中国人に人気の店だったからびっくりよ。
ロンドン在住の人に言わせると、この10年で食文化が激変したらしいのよ。
まるで革命でも起こったみたいにすごいスピードで変わったんですって。
出来ない子がいきなり秀才になったようだわ。

でもどうしてこの長い大英帝国の歴史のなかでイギリス人は「食べ物もフランスに負けないようにしよう」と、ちょっとでも思わなかったのかしらん。
ま、あたしが住む前に変わってくれたから文句言わへんけどね。
でもこれが加速してどこかの極東の国みたく「偽グルメ文化」に踊らされて、何かにつけ「美味い」だの「あまい」だの「超フルフルでお口の上でスッととろけそうっ」だの、言い出さないことをいのるわ。

この間はちがとぶ夫妻に招待していただいたこのYauatcha(click)の飲茶、めっちゃ美味かったわ。なんでもヤリ手の中国人が経営してるらしいけど、そんなナリモノ入りに限ってマズいってのが相場だから(特に東京は)あんまり期待せずに(招待されててゴメソ)行ったらすごい良かった。ナウかったし(死語?)。ラにおごってもらったし(again)。
そのレポートははちがとぶ様のブログを見てね(LinkからTeddy's Householdに行ってちょうだい)。

今日は雲一つない怖いくらいの晴天だった。
そんな中Borough Marketで買い食い立ち食い。
あぁ、楽しくて美味しい。

4 件のコメント:

ロビン&テリアガールズ さんのコメント...

まぁちゃん、おはようございます。
また遊びに来ちゃいました(すっかりファン。笑)。

倫敦食文化が激変したのは、巴里-倫敦のユーロスターが就航してからだと昔新聞で読んだことがあります。恐れ多くて巴里とまでは言いませんが、倫敦も頑張ってますよね(出来ない子が出来るようになったという喩えに頷きっぱなしです。笑)!

でも、でも、いつか、美食家のお二人であるはちがとぶさんとまぁちゃんに「やっぱり出来ないじゃない!」とがっかりされる時が来るんじゃないかとドキドキですが、まじーレストランに当たってもどうか大目に見てやってくださいね(笑)。あとイギリスの冬は春夏と違って、グレーでウエットでまるでホラー映画のようですので覚悟しておいてください(笑)。

是非、お二人と一緒に行きたいイタリアンがあります!お時間のあるときにランチにでも行きませんか?

素敵な日曜をお過ごしくださーい♪

まぁちゃん さんのコメント...

ロビン様> いやだ、こんなパブリックな場所であたしをランチに誘うなんて。イカしすぎ♥ 
是非よろしくお願いいたします。
っていうか、あたし大食家だけど美食家じゃないわよーっ!たとえマズくても出てくる食事は有り難く頂いてます(その場では)。
「グレーでウェットでホラー」だなんてまるであたしの好みじゃないのっ!
それより、この陽の出ている時間がやたら長くて雲一つないピーカンのお天気が続くのもかなりホラー。

はちがとぶ さんのコメント...

期待値が低いせいかなんなのか、やたらと美味いと感じるロンドンよね。昨日も良かったわ〜。あれはロンドンならでは?な感もあったし。今度は↑ロビンさんがおススメと言う伊太利亜ンに是非連れて行って頂きましょ。(すっかりその気。)

まぁちゃん さんのコメント...

おくさま> ほんとマギーとクラウディアにはビビったわよ(あたしだけか)。さすが能天気昼・・じゃなくてノッティングヒルだわっ。

ちなみに今日飛び込みで入った食堂が普通にまずくて(?)嬉しかった。
Ω\ζ゜)ちーん
でもありがたく頂きました。