2009年6月21日日曜日

パブ文化

いきなり写してごめんなさいね
インテリなお二人でした

イギリスのパブ。
この国の一大文化だと思うのだが、情けないことに「パブ」が「パブリックハウス」の略ってことに全然気づかなかったわたし。
「パブ」という言葉自体、日本ではまったく違うものを差している場合が多いので、「パブリック」ということばにたどり着かなかったのでしょうね。
だったら「フィリピンパブ」は「フィリピンパブリックハウス」の略ってことなんかい?
なんか、一気に高尚になった感じだわ・・・(低俗とは言ってませんよ、決して)。

おさーんとご飯食べた後にパブに寄って一杯引っかける(あぁ、この言葉ピッタリ)のが最近のお約束になってきたわ。あたしにはAleやStoutやBitter(こういう言葉自体知らんかった)はキツい(っていうか苦いくて飲めないと思う)のでもっぱらShandy(ビールとレモネード半々の)かApple CiderかPear Ciderよ。初心者はこれから飲むべき(?)かも。
パイントで飲むから腹ガバガバ。太るな、確実に。
いやぁ、それにしてもイギリス人よう飲まはるわー。パイント3杯とか平気やもん。
見てるとおトイレに何回も行ってはるもんなぁ・・・。

ウザいぐらいグルメ文化真っ盛りのロンドンでは「ガストロパブ」という、ちゃんとした料理を出すパブも出来てきて人気らしい。昔は「フィッシュアンドチップス」と「キドニーパイ」ぐらいしかなかったのにね。
この間はちがとぶ夫妻に連れて行ってもらったHolland ParkのAcademy(←クリック)っていうガストロパブのハンバーガーは最高だった。ワンコ連れでもオッケーで地元の人達がワンコ連れてビール飲んでて微笑ましかったわぁ。

あたし態度もずーたいもデカいから勝手に「酒豪」って誤解されるの。
あんまり強くないから、よろしく
酔った振りしてしなだれかかってると思われたらどうしよう。
それ、マジで酔ってると思うから。
作戦じゃないから

4 件のコメント:

あきちゃん さんのコメント...

英国のパブって禁煙のイメージがあったので、たばこを吸っている方の写真を見て「あれ?」と考えた次第。

「パブ」なら各種行っています。但し結婚前ですが。

自爆しそうなのでこの辺にしておきます。

まぁちゃん さんのコメント...

あきちゃん> カキコありがとう。
そりゃ男性なら「パブ」は行くでしょうに。うふふ。
これ、外だからタバコ吸ってるのよ。中は駄目。
っていうか、よく見てるわねーっ。

匿名 さんのコメント...

パブで一杯引っ掛けてる二人。目に浮かぶわ。いいなあ。
こちらは六本木でペンキにまみれて毎日大工仕事だよ。
けど、まあちゃんの写真が一服の清涼剤です。
ご主人ともうまくやっているし、着々と開店準備中なので、オープン決まったらまた連絡するね。

まぁちゃん さんのコメント...

>匿名のあなた♡
オープン、本当に楽しみだわねぇ。
宣伝するから是非教えてね。
パブには行けど、久太郎は絶対にないロンドンよ(泣)。