2009年9月14日月曜日

行いの悪い人達

おくちゃんとロンドン郊外のリッチモンドにある
ピーターシャム・ナーサリーズ
威風堂々(←これをBGMに読むべき)と行ってみた・・・

ら、

バリ閉まってた。


堅く門戸を閉ざしまくり

Ω\ζ゜)ちーん

あたしら、普段の行いが良くないんか?
( ーoー)y-~~~
この門は日頃の行いが良い人が行けば必ず開いているらしい。
→はちがとぶ様のブログ参照 (←このやうに)


グレそうになってドライブしてたらいきなりこの絶景が目の前に。
イギリス・ロマン主義の画家、ターナーが350年前に見た眺望と同じやんっ!
OMGっっっ!!
なんも変わってへんやんっ!
イギリスってすごいわっ!
感動・・・。(無理矢理してみる)
やっぱりあたしら行い良かったんやねーっ!
神様は見放してなかったんやねーっ!(自慰)

どっちがあたしの写真か、ターナーの絵かわからへんでしょっ??

4 件のコメント:

はちがとぶ さんのコメント...

月曜日は閉まってるのよね〜。残念だったけど
遠出した甲斐はあったようで。 イギリスの田舎
(ってリッチモンドは郊外)は本当に美しいもんね。
わたしゃ同じ日にオックスフォードに行ったんだけど
ロンドンから1時間もかからない田園風景に涙したよ。
もうあれはアート!

まぁちゃん さんのコメント...

おくさま> 遠出って言っても電車で行ったら40分もかからんと思うの。40分でこの景色ってブラヴォーよね。
あら、月曜休みなのね。
行いが悪かったわけじゃないのね。

あやん。 さんのコメント...

すごいなー。郊外の人らはああゆう格好で外うろうろしてんねんねえ。

まぁちゃん さんのコメント...

あやん。嬢>あぁいう格好ってどういう格好?え?え?
ターナーの絵の格好ってこと?