2009年9月20日日曜日

「慎ましやか」を学ぶ

あたしゃ外国人といえば、なんてったってアメリカ人との付き合いが断然多い。
イギリスに来るまで喋ったことあるイギリス人なんて片手で数えられるぐらいしかいないわぁ。
こちらに来てご近所のイギリスの方達とお話して、あたしがよく知ってるアメリカ人との国民性の違いに少し戸惑ったわー。 みんな昔はイギリス人だったはずなのに、こんなにも「前」と「後」がちがうのって「移民文化」ってオモロいわぁ。

決定的な違い、この国の人たちはアメリカとは違うイギリス独特「慎ましやかさ」を持っていると思うの。
(独断と偏見へのツッコミ勘弁)
それを言うとみんな「そういうところイギリス人は日本人に似てるよねぇ(はる○愛風)などというけど、あたしゃ我が愛すべき日本人よりも「慎ましやか」なのではないかと思うところがあるわ。
「それをやったら人に迷惑。だからご遠慮いたします。(だからあたしを誘いたいならすごくすごく誘ってください。あたしもそれをやりたくないわけじゃないから)」という和なアプローチと
「英国的慎ましやか」なのとはちょと違う気がするのよ。
イギリスはウィッティで日本はウェッティな感じとでも言うのかしら。
 ↑ちょっとぉ歌丸、座布団二枚、って感じ。

近所のマイケルが唐突に、でも照れながら「工事の音がうるさくてあなたのピアノの音があまり聞こえない。それが残念です。あなたのようなaccomplishedなピアニストに賞賛を送ることはrude(失礼)なことですか?」って言われたときにはそのハイクラスな響きの英語も手伝ってガチでテレちゃったあたし。

その翌日にうちに来た保険屋さんは「ピアノされるんですね。プロであろうあなたに『好きなピアニストは誰ですか?』などという失礼な質問することをお許しください。」とも言われたわ。
ザ・つつましやーっ! 

「自分の全く知らない分野のことについて語るのは失礼なことだと思いますが。」的な物の言いまわしってあたしゃ見習うべきだと思うわ。

あたしゃこの4年間日本にいたときにエセグルメ番組でトーシローが「美味い」だの「甘い」だの「お刺身のこの切り方が繊細」だのみたいなあまりのずーずーしさに嫌気が差してたのよ。プロという存在がいるのに、それに対して知ったかぶりしてズケズケ物を言うあの慎ましやかさの無さってどないよっ!
ごめん、これ↑ばっかり書いてるわね、あたし。

ま、いいわ。ふっ(自分を取り戻した『ふっ』ね)。
その慎ましやかなイギリス人なんだけど、『あちら方面』も慎ましやかなのかし?
ものっすごい興味あるじゃんねーっ(もうすぐ40ちゃい)
「これをあなたにやってしまう失礼をお許し下さい。このようなものを・・・」ってなもんかしら?むふぉ。(爆)
それはそれでかなりエホい。
別噛むとゔぃく鶏屋夫妻にでも聞いてみよっと。
と、ぜってーそっち方面に持ってくんだからぁ、ってツッコミは御法度で。

6 件のコメント:

あきちゃん さんのコメント...

日本だって目立つ人間が「慎ましやかさ」を消そうとしているだけで、大多数の普通の人にはまだ残っていると信じたいです。
言い換えればトーシローが偉そうにロープーを評価することでしょうか。

我が家では「いただきます」と「ごちそうさま」を躾けることから「慎ましやかさ」をたたきこむ予定です。

今の日本から比べると英国は羨ましいですが、日本だってまだ捨てたモンじゃないです。

もうすぐ40ちゃいのはしくれ、あきちゃんより

まぁちゃん さんのコメント...

あきちゃん> 目立った人間が慎ましやかさを消そうとしてる、っていうのホンマ当たってるわぁ。
あたしの友達レベルではみんな「慎ましやか」だものね。たまに「慎ましやか過ぎ」て「あたまの先っちょだけでももうちょいと出してもいいのよぉ」って時あるわ。

加納 愛/Ai Kanoh さんのコメント...

まあちゃん、こんにちは。わかる、WittyとWettyの「慎ましやかさ」の違い…いいこというなあ。前のルームメイトがイギリス人の女の子で、「Would you mind if I borrow your garlic?」を連発していたのを思い出したよ。Would youとかいらないから!借りないで勝手に使っていいってば!といちいち反応していた私。「Can you~?」でもイギリスではかなりRudeに聞こえるってほんと?

その女の子はインド人の店の店員が、「May I help you?」の代わりに「What do you want!!」と叫ぶのを聞いてかなりびびっていました。

まぁちゃん さんのコメント...

インドのかのーあいちゃん!>あいちゃん、ご本名で登場ねっ!
そのWhat do you want?!ってかなりニューヨーク風(爆)。イギリス人、ニューヨークに行ったらビックリして頓死するんとちゃうか?ってぐらい英語も慎ましやかさもちがうのよ。
Can you?ってかなり慣れた関係か目下の人に使うとか言うわねぇ。それよりもあたしゃCan't you?のとき「カーン(強烈鼻濁音)チュウ?」っていう発音にビビビってきちゃうの、40歳もうじき。
Ω\ζ゜)ちーん
またこのブリティシュぅなイングリッシュぅのことはちょくちょく書きたいわー。

ZNK さんのコメント...

若い人と話すと時々どっきりするような直球が帰って来ることがあるけど、私もきっと似たようなものなのかもぉ。。反省

余計なこという英国人の知人って。。。あんまり居ないかも。

What do you wantってマレーシアの空港でも言われたわぁ。。さすがにぶっ飛んだわよ。

まぁちゃん さんのコメント...

ずぃくぉ> あなたは直球で返してくることはないわよ。慎ましやかだもの(まじよ)。でもたまに超変化球が後ろから来ることがあってエキサイチング。