2009年12月18日金曜日

ロンドンの美味しい和食教えて(切実)



 懐かしい箱根翠松園の朝ご飯の焼き魚(垂涎)

味の質は妥協いたします
でもサービスは・・・


バルセロナからルンドまでずーっとロンドンを離れてたので、突然日本食が恋しくなりおさーんにダダこねて(40歳)ジャパレスに連れて行ってもらった。
やっぱり日本人よねぇ・・・。
ロンドンにも数多くの日本食レストランがあり、あたしはその中でたったの2軒しか行った事なかったんだけど、どちらも激しく『?』な感じだったので(爆)今日は新しいところに行ってみることにしました。
こうやって「味はともかく、どうしてもどうしても日本食が食べたいっ!」と思うときのみ日本レストランに行くのよ。


・・・だって一般的にロンドンの和食は美味しいといううわさ聞かないし・・・。

と、思いつつ今晩行ったとあるレストランですが(場所すら書かず)味は「So-So-」(『美味しいっ!』とは書けない)だったものの、 そのサービスにあたしゃビックリよ。

「チキン竜田揚げ」頼んだのに「チキンテリヤキ」が出て来たのでウェイターに
「これ、チキンテリヤキですよね?」
って言ったら、そのウェイター君悪びれるでもなく、
「いえ、竜田揚げになりますねぇ。」
って言うじゃないの。
あたしゃびっくりして「いつからこれを竜田揚げって呼ぶようになったん?」ってちょっと声荒げて言うたら・・・弱く「・・・竜田揚げですけど・・ね。」

しーん。

あたしゃクソババァに思われたくないので「もうこれでいいですよ(優しく)。でもこれはテリヤキよ。」って。
それでもあたしゃ腹の虫がムズいてたので、違うウェイトレスに「これ、テリヤキよね?あたし間違ってないよね?」って言ったら、すごいやる気なさそうに「あぁ、テリヤキですねぇ。立田揚げ頼んだんですよね?作り直しますんでー。」って。
あたし「もうお腹いっぱいだから結構ですよぉ(優しく)。」って。
ウェイトレス一回引っ込んだのにまた帰って来て、

「でももうすでにオーダー入っちゃってるみたいなんでぇー。竜田揚げきますからぁ。」って。
え?そっちペース?

で、払う段階でも一悶着。
ヘッドっぽい女があたしにおさーんのカード見せながら 
「これ通らなかったので違うカードか現金でお願いします・・・って言っていただけますか?」っていうのにもビビった。
「ロンドンでレストランやってるぐれーならてめーが英語で言えよ!」ってここまで言いかけたわ(怒)。


あぁ、やだやだ。
日本では「いらっしゃいませーっ!」「それではもう一度オーダー確認させていただきます♥」などのマニュアルな対応と過剰サービスにウンザリだったんだけど、
そいつらから「マニュアル化されないとこの体たらくになります。マニュアル化されてるあなたの嫌いな日本も悪くないでしょう。」って言われてるみたいだったわ。
これが昔は優しい、しかも逞しいと言われてた日本人の現代のデフォルトの姿だっていうの?
え? 


ロンドンもニューヨークと並ぶ第一級世界都市++ならもうちょっと和食の質をなんとかしてほしか。
ニューヨークや日本で友達から「あんたぁそんなに痩せてっどげんしたとぉっ?!ロンドンってそんなに喰いもんマズいんかぁ?!」って言われても、しょうがねーよぉ、ロンドン。

あぁニューヨークの『麻布』は良かったわぁ。

(クリック↑)
あ、あれ?あたしロンドンの悪口言ってる?
やだ、これ悪口じゃないわよーっ!
そのレストランの悪口よっ!


朱里エイコの「北国行きで」でも聞いて昔を懐かしむわ。
こんなすごい歌手はもう出ません。






2 件のコメント:

Lelou M さんのコメント...

おお、朱里エイコがここにも登場なのね。
日本で「北国行き」というと、=「逃避行」のイメージね。
でもヨーロッパで「北欧行き」=「なんかお洒落」になるのはどうしてかしら。
北方のヨーロッパでも、これがまた北欧を通り過ぎてロシアだと「流刑」って感じ?
(ロシアの皆様すみません)

…ごめんなさい。肝心の「ロンドンの美味しい和食」はわからないです。

まぁちゃん さんのコメント...

M嬢> 朱里エイコ、久しぶりに聞いて天才確認。M嬢のお陰です。
日本で北国っていうと「なんか遠い」ってイメージだけど、今の世の中東京から新幹線で2時間も乗れば楽に北国よね。「逃避行」も難しくなったわね。