2010年2月1日月曜日

ペイシェント・イングリッシュ

 
こういうお空にはなかなか他の国ではお目にかかれません
雲が手でつかめそう
ロンドンに来て8ヶ月が経とうとしている。
「まずい」だの「冬の天気が悪い」だの聞いてたわりには、感動するほど良くはないものの、そんなにこっちがヘソ曲げるほど悪いことなんてなかったわ。
確かに天気は悪い。でも季節性鬱症になるほどではないわ。

あとは地下鉄さえ(特にCircle Line)ちゃんと来れば何の文句もないっ。
(もうウォシュレットでツーケーのナーアーを洗うなんて贅沢は諦めるわ、この際)
でもあたしはきちんと時間通りに運行されないこのCircle Lineによって反面教師的に人間の忍耐さ加減を教えてもらったっていう・・・。
「ただいまシグナルの故障でこの駅で約15分停車します」(日常茶飯よ)なんて車内放送が入ってもイギリス人(ロンドンに住んでる人)って、無言なの。微かなため息が聞こえる程度。ニューヨークの地下鉄の乗客だったら「Oh,Men! Fuck!」って誰かは言うだろうに、この高貴(おほほ)な都会では誰かそんなこと言うの聞いたことないわ。
隣に住んでるオリヴィアさん(多分60代半ば)が言うには 
「イギリス人は変わっててね、最後の最後、これ以上文句言わなかったら自分の立場が危うい!って思うまで文句は言わないのよ。でも一旦イギリス人が文句言い出したら最後、世の中で一番手に負えない国民だと思うのよ。ふふふ。って。
どうしてこのセリフを言ったかはまたいつかお話するとして・・・。
地下鉄が15分止るぐらいは全然平静を保てるらしいわ(慣れてるってのもあるらしいけど)
だからこないだ新幹線が立ち往生して乗客が3時間半車内に閉じ込められてたというニュースを聞いたときに、まず思ったのが「いったい乗客はどんな反応だったのかしらん?」ってことよ。
何でも時間通りに運ぶ国で、そういうトラブルの対処にも慣れていないであろう日本人。
閉じ込められた方達には大変気の毒なのだけど・・・。

関係ないけど、みなさんイングリッシュ・ペイシェントって映画はご覧になって?
あたしの好きなコリン・ファースも出てるのよっ。
これでアカデミー主演女優賞を取ったジュリエット・ビノシュ「も」フランスの宝だと思うわ。
あら、フランスの宝はあたしだけじゃなくってよ、ジュテーム・モナムール。
じゃ、ずぃ様土産の鯖寿司でもかっ喰って寝るわ。

2 件のコメント:

まね さんのコメント...

新幹線に缶詰になったコト、何回かありますよ。
最長で12時間。
おかげで芝居のチケットがパーになりました。
あとは、6時間ってのもあります。
どっちも台風とか大雨なので、多少予測はできますが
(とはいえ、12時間とまでは思わないですが)
停電はいきなりだから、ビックリするでしょうね。

まぁちゃん さんのコメント...

まね様> すごいジャパニーズ・ペイシェント。芝居のチケットがパーになるなんて、どこに怒りをぶつけてええのかわからんわね。
あたしゃユーロスターがトンネルの中で16時間(?)止った事件の一週間後そのトンネル抜ける時にマジで心臓ドキドキしたわ。
ちなみにその電車にクラウディア・シファー乗っていたんだけど、どこぞの誰かに電話してトンネルの中まで迎えに来てもらったの知ってる?そんなこと新幹線で誰か芸能人がやろうものなら絶対に許されないわよね。(クラウディアもかなりメディアで叩かれたけど)