2010年5月14日金曜日

バラマと新しい土地

天気も良くやっと暖かくなったので(昨日は5月というのに最低気温が3度だった)、今日は遠出してBorough Market(バラマーケットと発音)まで久しぶりに行ってきた。
ロンドンの台所健在。
観光客やら、シティで働く人やらでごった返していたけど、マーケットはこれぐらい活気がなきゃだわね。
世の中ホントに不景気なのかしらん、って思うぐらいのすごい人出だったわ。
首相も決まったから、活気づいてるのかしらん?
(ブラウン首相、さようなら。ありがと、ビザくれて。)


いつも食べてるホットドック屋(Bratwurstというらしいけど)に直行。
このデカいソーセージ♥をバゲットみたいな硬めのパンに挟んで、ザワークラウトとケチャップをどっぷりかけていただく、ダイエットにはもってこいの一品です。
2個食おうかと思ったけど、おさーんに武力で止められた。
立ち食いをあんまりやらない(上品な)あてくしにはかなり楽しいアクティビティなのでした。
あまりの人出が老人連れには辛かったので、それ回避するため今まで足を踏み入れなかった土地へ。


バラマーケットから10分ぐらい東に歩いたとこに最近ナウでホット(死語連発)と評判のBermondsey Streetがある。
Bermondseyって「バーモンジー」って聞こえるんだけど、聞くたび頭のなかで
「婆門爺」
って漢字が浮かんでくるわ。あぁ、横文字弱い40ちゃい。
カフェやらテキスタイルの店やらお洒落なレストランが並んでいて、かなりイケてる。
人から「結構おしゃれでゲイ多しよ」と聞いていたのになんで今まで来んかったん?と自分のデブ症、じゃなくてぇ出不精を恨んだわ。
再開発中の町らしく、ロンドンブリッジからすぐのところにあるのにまるでどこか遠くの田舎に迷い込んだような雰囲気の一角だった。
ふと東京の雑司ヶ谷を思い出す。
東京ではいろいろな場所に足を踏み入れたと思っていたのに、この雑司ヶ谷にだけは東京を離れる1ヶ月前にあの緑の都電に乗って初めて行ったの。
その時に「ここ知らずに東京に住んでたなんて。」と焼きそばパン食べながら悔やんだわー。
「大好きだから毎日来きたいの」というほどでもないけど、知らなかったことがかなり損に思えて、自分が普段のモードではないときにひょっこら行ってみたくなる場所ってない? (パリのムフタールとか、ニューヨークのウィリアムズバーグとか、東京の入谷とか)
この調子でもうロンドン1年目になるのに(まだ1年経ってない)早くも自分のテリトリー内での行動のみになってきた。

ロンドン、本当に奥深し・・・っていうかバカ広し。
地下鉄、バスなど公共交通機関のアップグレード激しくきぼんぬ。

3 件のコメント:

gure さんのコメント...

ついさっき、唐さんの赤テントがこんどまた新作を雑司ヶ谷の鬼子母神でやるって記事を読んで、赤テントも鬼子母神も健在なんだなあと思ってたとこだよー。
むかし、一年弱、雑司ヶ谷に住んでいたよ。瓦屋根の風呂屋には番頭さんがいて、道ではおばあちゃんがひなたぼっこして、借りてた部屋の母屋では、よく親父がちゃぶ台ひっくり返してた。
 

はちがとぶ さんのコメント...

あらん、奥サマの知らなかったところを私が知ってたなんて珍しー。私の場合は Bermondsey Square 骨董市で知ってるだけだけど。毎週金曜日朝の4時から午後1時までいろんな骨董の露店が出てるんだよー。掘り出し物多し。

まぁちゃん さんのコメント...

ぐれ嬢> あなたと雑司ヶ谷って絵的にすごい結びつく。いえ、長年住んでいらっしゃるオカジュもお似合いなんですけどね・・・。

はちおくさま> 何をおっしゃるの。
奥様のほうがロンドン(ってか英国)知ってるわよ。あたしはイスリントンとホクストンはおくさまより知ってるかもだけど、他は全滅だもの。その骨董市がその辺りのアトラクションみたいね。1時までに行くの辛いわね(爆)。ほんとZone1なのぉ?って感じのところだったけど。