2010年7月30日金曜日

カミーユ・シルヴィ展




19世紀のフランスの写真家カミーユ・シルヴィの展覧会を見にナショナル・ポートレート・ギャラリーへ。
みれいゆに誘われるまでこの1800年代に生きた写真家のことなんてまったく知らなかったあたし。
写真をきちんとに勉強するなら知ってなきゃいけない人らしい。


ロンドンのBayswaterにスタジオを構え、さまざまな人達(金持ちから庶民、俳優など)の肖像画を撮っていた。
それらがたくさん展示されていたけど、あたしはこれ↑が一番好き。
1859年のロンドン。その日その時の匂いまで伝わってくるようじゃない?
まだシャーロック・ホームズが山高帽かぶって街を闊歩する前のロンドン。
1859年といえば井伊直弼大老が桜田門で暗殺される一年前。
(1860年=人はムレムレ、桜田門うふ♥って覚えたわ)
んまぁ、バテレンの國はまんずまんずえろう発展すてたんだべなぁ・・・。
セピア色ながらそのプリントの美しさはまるで昨日撮られたよう。

この展覧会を見た人は彼の写真集が15ポンドで買えます。
あたしも感動を家でも味わうため買いました。
が、家に帰って開けてびっくり。展覧会で直接見るのとは大違いなのよ。
美しい陰影が平均化されちゃって、イマイチ感動できませんでした。
というわけで、そのプリントの美しさに触れたいなら皆様是非足をお運びください。(10月まで)

2 件のコメント:

sono-p さんのコメント...

是非滞在中に言ってみるわぁ〜♥ 他に何かおすすめ情報あったらウェルカムカム! そ

まぁちゃん さんのコメント...

sono-p嬢> 是非行ってみてっ!おすすめはあたしと一緒にPearl Liangの飲茶かしらぁ♥