2010年9月2日木曜日

カカオの海に溺れて

 見ても綺麗がいいですよね
 Pierre Marcolini
赤福はなぁ伊勢の本店で食べんとあかんの。
駅の売店で売っとるやつと味違うでな。
これ、ほんと。
駅の売店で売ってるのも美味しいけど、本店で食べる味はまた格別なんさぁ。
みなさま「赤福」は伊勢の五十鈴川にある本店で是非どうぞ。

ってなわけで、ブリュッセルの人に「美味しいショコラティエはどこですか?」
と訊ねてみれば、なんと皆様、
「GODIVA」やら「Neuhaus」やら「Pierre Marcolini」やら素ぅの顔して返してくるのはなぜ?
あたしが聞きたいのは街の角でじーちゃんばーちゃんがカカオまぜまぜひっそり作ってる、でも列に並ばな買えへんようなショコラティエのことで、所沢の西○にも売ってるようなマスなもんじゃないのよぉ。(マズいもんと決して言ってるわけじゃございませんのよ)
自分のとっておきは教えたないんか、ごるぁぁぁ!
ウリャー!! (ノ-o-)ノ ┫:・'.::
・・・いや・・どうもそうではないらしい。皆様本気で答えてくださっておりまぁす。
ミラノにもあるんやから(←ミラノに失敬、でもクリック)本場ブリュッセルになくてどうするのよ、メダム・エ・メシュー!

そこで思い出したんがこの「赤福は本店が一番美味い理論」よ。
もひかひて、GODIVAも本場で喰ったら格別に美味いのでは?
というわけで、Grand PlaceのGODIVAで一つだけ買ってみたら(売ってくれるわよ)
・・・ちょっと美味しいような気もするけど・・・でもぉ・・って感じだった(ちなみにマズくは決してございませんのよ、もう一度念のため)。
もっと「なら・では」感欲しいやんなぁ。
Neuhausにはなぜか行く気がせんかったんで(NYの自宅の近所にあって3年ほどで潰れたの) 銀座で泣く子も黙るご商売されてる(た?)ピエール・マルコリーニ様に行ってみたわ。
マルちゃんの黒いお店、銀座と同じなのだけど、気軽度が断然ちゃうもんなぁ。
本店様はものすごいフレンドリーだった。
フレンドリーなのに品性を保つ、これ日本に出来ないことね(あら、ごめんあそーせ)。
日本だとやたら仰々しくしないと品性保てないんでしょうよ。
で、独断と偏見で「日本と本国の気軽度が格段の差の店(食べ物編)」ベスト3。
3位:エルメちゃん
2位:マルちゃん
1位:ラデュちゃん (銀座店は『お参りに行く』感じじゃない?)

deそのマルちゃんのお味なんだけど、見た目も綺麗ですごく美味しい・・・普通にな。
Ω\ζ゜)ちーん
これをすごい美味しいとするなら、やっぱ昨日のブログに写真載せたブルージュのVan Oostと上のミラノのChocolate Puroは格別の美味しさだと思うよ、俺。 
ちなみにロンドンのL'Artisan du Chocolatも悪くないやん。
ショコラの本場ブリュッセルで「なら・では」が見つからなかったのは残念だけど、絶対探せばあるはず。
ということで、次回に期待♡


とか、えらそうにほざきながら、マルコリーニ様のチョコ喰い出したら止らない。やゔぁ。
ありがたい、ありがたい。


PS:マルちゃんはロンドンのショーディッチにも売ってます。
ユーロスターのブリュッセル・ミディ駅にもデカイ店あった。
もうマスプロデュースのマルちゃんだ。イェイっ!

PS2:TwitterでブリュッセルではGallerのチョコが美味しいと教えて下さった方。
今回は行けなかったので、また次回ね♡ありがとう♡

2 件のコメント:

あきちゃん さんのコメント...

札幌ででロイスのチョコレートドリンクにおぼれた事を思い出しました。

あぁカカオは男のロマン。

まぁちゃん さんのコメント...

あきちゃん> そっちのほうが価値のある体験だと思うわよぉ♡女性に囲まれて頑張ったのねぇっ!