2010年9月26日日曜日

3ヶ月戦争の末に

 
 (本文関係なし画像)
Wandsworth Bridgeのたもとの『The Ship』
土曜日でまさに芋洗い状態だった
ゲイバーじゃないのにイケメン率が高いイギリス♡ 
女性のみなさん、希望を持ってThe Shipへっ!



日本に比べて何かとハイテクな面では遅れている感が否めないイギリス。
インターネットの接続も最近徐々にできてはきてるらしいけどまだ「ケーブルモデムって・・・乗り物?」「光ファイバーって・・・繊維質の食べ物?」って状態よ。

なもんだからまだDSLを使ってるんだけど、新しいアパートに引越してからまともに繋がったことなかったの。繋がってても「電話回線かよっ!」ってぐらいの遅さだったり、途中でダウンロードが止っちゃうことがしばしば。本当にウンザリだった。
そういう事態があたしよりも許せないおさーんは(ネットで仕事してるから)BT(ブリティッシュ・テレコム)に電話して技術者をよこすように言ったんだけど「早くても1週間後です」とかいうふざけた答え。
イライラしながら1週間待って回線の善し悪しを調べてもらったら「あぁ、確かに遅いですねぇ」という答え。
「じゃぁ治していただけるってことね。」
「はい、センターのほうから操作して回線スピードを引き上げてみます。」と言い残しそのBTの人は帰った。
で、何日経っても回線は速くならないわ、BTからもうんともすんとも言って来ないわ、で業を煮やしたおさーんがもう一回電話したら「『その問題はすでに解決された』とこちらの記録にある」とかいうあり得ない答え。
途中割愛するけど、BTの技術者が来て「センターから回線スピードを引き上げます」と言ったまま放置されたこと3回。まさに原因が判らないからトンズラしてその結果を上に「解決済み」と報告していたとしか考えられない、日本にしたらありえへん状態(アメリカでもありえんかも)が約3ヶ月も続いたのだった。
あたしゃこれで一気にBTって会社にガックリきたもんね。
で、先週おさーんがスウェーデン出張の時に5人目の技術者が来て(若いお兄ちゃん)いままでになくいろんなことして調べてくれた。
そしたら「ソケットが古いみたいなんでぇ取り替えときますんでぇ。最初のうちはスピード遅いと思うけど2時間ぐらいでガチでスピード上がってくるんでぇ(若者イギリス語)。」
って言うから、
「お兄ちゃん、ちょっと待ちっ!あんたうちでエロいビデオ(趣味が合えばね)見ててええから2時間ここにおりなさいっ。スピードが上がったのを自分の目で確かめて帰りなっ!これでスピード上がらなくて又電話して、また1週間待ってって、あたしもうエエ年なんやから無理やわっ。」
と涙ながらに絶叫したら、そのおにいちゃんが
「ここに2時間はちょといれないんでぇ(そりゃそうよね)、僕の個人の携帯の電話番号置いて行くんでぇ。もし上がらなかったらそっちに電話してくれたらグーなんでぇ。」
って言われた。BTもこういう社員こそ大事にするべき。うるうる。
で、2時間も待たないうちにスピードが上がってきてやっと世間様並みの遅さ(爆)になりました。
3ヶ月、長かったよぉ(涙)ショーン・モリス君ありがとうっ!
〜(^-^〜) (〜^-^)〜
っていうか、あんなに技術者達が来たのにどうしてソケットを交換してくれなかったのか、考えると本当に腹立たしいわ。おまえらそれで給料もらっとるんかっ!
イギリス人のご近所さんにこの状態を言ったら
「そうだよぉ。イギリスのサービスってそんなだよぉ。で、客のほうも遅いままずーっとインターネットしてるってものイギリスなんだよぉ、へへへへ。」って言われて、もうやだっ。
ちなみにイギリスのサービスの良いところは表向きの言葉使いが丁寧。
アホみたいに丁寧なのに行動が伴ってないのがよろしくないってだけ。

3 件のコメント:

あやん。 さんのコメント...

その兄ちゃんはいけめんやったん?
一応お電話はしといたんか?

まぁちゃん さんのコメント...

あやん。嬢>だからそこ突っ込むか、フツー。そのお兄ちゃんEddie Redmayneっていうイギリス人の俳優にそっくりだった。その子が来たのかと思うぐらい。IMDbで調べてみて。

ZNK さんのコメント...

確かに、イギリス人の客ってとにかく下手に出て馬鹿丁寧に「あなた様は神様なので本当に申し訳なくおもっちょります~~~」って言っておけば死ぬほど文句言い倒して帰ってく。だから、その一瞬だけ"非常に恐縮"しとけば、根本なんて解決しなくても済んでた。実際、英国人スタッフは謝罪はぴか一だけど、その後の始末は一切しなかったし。誰もかれも。。


でもアメリカ人は恫喝と上司への直訴とネットへの書き込みと慰謝料の要求といふ、実力行使だったので、根本解決をせざるを得ない(当然か)感じやったもんね。

あたしゃ英国人がどんなに丁寧に謝ってきても絶対に「こいつ今なんも考えてねーな」って思ってる(笑)もっと早くショーン君のような方に出会えていたら。。。