2010年11月27日土曜日

あなたなら?

このバーで今からするバーの話をきいた


友人J(女)が彼女の友人Aさん(イタリア人男性)とバーに行ったときの話。
彼女たちはひとりの中年女性がバーカウンターに並んでいるのに気づかず、割り込む形で列に並んじゃったわけ。
自分たちの注文が終ってはじめてその女性の存在に気づいたらしい。
その時にイタリアンのAさんが物腰柔らかく
「もしかして先に並んでらっしゃいました?」見るからにムカついてる表情のその女性に聞いたら、
「えぇ、ずっと前から。あなたたち割り込んで来たのわかってる?自分の買ったらさっさとどいてくださいます?(-"-;)」
と、フランス語なまりの英語で返してきたんだそうな。
イタリアンAさん、そのムカついてるフラ女に笑顔で
「もう何を頼むか決まってらっしゃるんですか?」とたずねたら、
「ウォッカマティーニとビターレモン(ドリンクね)だけど何か?あなたに関係あるの?」
と超ふてぶてしい態度(Jによると)で返事してきたんだって。
そしたらAさん、バーテンダーに向かって、
「このレディの注文も全部僕のこのカードにつけてください。失礼なことしたお詫びに。」
と。

さて、あなたなら

1:「ふざけるんじゃねぇ。金で解決しようってのか。」とさらに怒る。

2:怒っていたことすら忘れ「そんなの悪いわぁ。」と言いながらおごってもらう。


さぁ、どちらでせう?

「早くどいてくださいます?」なんて他人に言うふてぶてしい女の気持ちなんてわかんないわよね、皆さんは。
1に近い気持ちなんだけどまごまごしちゃう、って感じじゃないかしら?
ふふふ。
でも仮にそういう態度をとってしまった後、Aさんみたいなイタリア紳士がおごってくれると言ってきたら…


「是非おごってもらってちょうだいね♡」があたしのサジェスチョン。
もしくは「おごらせてあげましょう。」か。
そのフランス女が、もちろん、そうしたように。
所詮列の前に割り込まれただけの他愛もない話、怒りを持続させることない、ましてや本気で謝罪を乞う場面なんかじゃさらさらない。
しかもハンサムなイタリアンがおごってくれると言っている。
あなたは多分「あぁ、文句言わなきゃよかった。こんな男におごられるなんて負けだわ。or悪いわ。」的な心理状況に陥ると思うんだけど、それはノンノン。
これ以上無駄な怒りを他愛もない場面で持続させる必要はない・・・と割り切れますか?

世界平和のため可愛く手のひら返す術ってのも身につけてみてはどうかしら?♡
と、書きながら自分に言うてるんよ、あたし。

2 件のコメント:

Ai さんのコメント...

はい~了解です。そうします!

怒っちゃった手前、あ、こいついいヤツじゃん、しかもタダ酒ラッキー!と本心は思っても、一瞬照れて「いや、いいです、何こいつ」って言いそうになるかもね。でも、言いません。一瞬にして手のひら返す正直女になります。

ZNK さんのコメント...

まぁちゃん、毛先からつま先まで激しく同意だわ。あたし、コタエを聴くまでもなく(2)を選んでましたわいな。そしたらそこで「えへっ、なんだか怒ってごめんなさいね」って全て終わる。誰も嫌な気分を引きずらすに笑い話になって終了よね。

しかしその伊達男、女の扱いを心得ていらっしゃる。さぞかしモテるやろうなぁ・・

(このコメントは公開せんでえーよん)