2011年3月14日月曜日

A Letter for Myself


迷えるあたしへ。

あの想像を絶するような地震があってからあなた(☜あたしのこと)はほぼ休む間もなくMacの前に座りNHKを見て情報を搾り取るように得ようとし、その得た情報をツイッターに積極的に書き込んだりまた他人のツイートを読んでは感動して涙をながしたり、それに賛同して発信元も付けずにリツイートしたりしてましたね。
日本のことを心配して声をかけて下さるロンドンの人達、わざわざメールであなたの家族の安否を気遣ってくれる人達の優しい言葉に感謝して心温めたり、 現場の写真や泣き叫ぶ子供の映像を見て胸がえぐられるような憤りも感じていたようです。またそれをリツイートして賛同してくれたフォロワさんたちがいて下さったことに感謝したりして。
とにかく今自分の愛おしい母国で起ってしまった惨事になんらかの形であなたも参加したかったのでしょうね。
ある意味、まぁちゃん、あなた心痛めながらもノッてましたよね。

そんな時、あの二人から言われた言葉をふと思い出したのですね。

9・11のテロでご主人を亡くした友人、そして阪神大震災でおばあさまをビルの倒壊によって亡くなされた作曲家のあの言葉。
言葉は違えど、ほぼ同じ内容でしたよね。

「気遣ってくれて本当にありがとう。一緒に泣いてくれて嬉しかった。でもどんなにまぁちゃんが慰めてくれてもあたしの傷は癒えないし、あたしの気持ちはわからないと思う。わかってはいけないと思う。でも本当にありがとうねぇ。ありがとうねぇ。」

その瞬間あなたが真摯な気持ちで言ったはずの「辛かったよね。大変だったよね。何かあたしにできることある?」という言葉がどこやらそのあたりの空(くう)を舞って果敢なげにも地にぼとりと落ちたのを見たはずです。
二人のまるであたしのほうを慰めるように言う「ありがとう」に心をえぐられる思いだったと記憶します。
自分の中に潜んでいた傲慢さに気づきその事に驚愕し、その場を2回ともお茶を濁す形でそそくさと退散したのではなかったかしら?

さて、たったいましかるべきところに少しばかりの寄付をし終えたあなたはこれからどうするのでしょうか。
遠くロンドンにいながらそれ以上の何を現場の本当に傷ついている人々の為にやってあげられるのか、内なる自分に聞いてみるときではないかと思うのですが。
世界はほらこんなに日本を心配してるんだよ、ともっと声を大にして親を亡くした子供達に聞かせてあげるのでしょうか? お寺育ちのあなたが家を流された方達の為に鎮魂ミサに出席してまたそれをブログに書くと?さてはこの横行する膨大なインフォメーションを解析してその量をさらに倍にして心優しい世界のフォロワーさんたちにまたリツイートするのでしょうか?
あ、そうだ、そう言えば一つ前のブログで「節度」について一講釈もうけていたようですが。

なんだかんだのべつ幕無しにうるさくつぶやかずにはおれないあなたのようですが、さて、祈ること以外に何ができるのでしょうね。

敬具。


*公表しておりますがこれはあくまでも自分に対して書いたものです。念のため。



6 件のコメント:

あきちゃん さんのコメント...

>祈ること以外に何ができるのでしょうね。
まぁちゃんが今生きていてくれること。
あなたを慕う人の一人として、強くそれを望んでいます。
遠いところから心配してくれて本当にありがとう。首都圏在住の同級生は全員無事です。

傲慢なくせに弱虫で頭の悪いかっこつけより

まぁちゃん さんのコメント...

あきちゃん> 涙。ちょっと2行目、クサいけど、あたしそういうクサさにも涙っ。父ちゃん、頼りにしてるよっ!

美香 さんのコメント...

「でもどんなにまぁちゃんが慰めてくれてもあたしの傷は癒えないし、あたしの気持ちはわからないと思う。わかってはいけないと思う。」
↑これを言葉にして言えた人はスゴイと思う。これだけ言葉にできた時点で、もうすでに立ち直っているのでは。。。

私は辛い時に、それを周囲に漏らすこともできないから、慰めてくれる人もいない。
けれど、もし本気で慰めてもらえたら、感謝以上の言葉は出てこないなぁ。。。

東北関東大震災。
「この場にいなかった貴方には分からないでしょうけれど」という言葉をたくさん頂戴しました。
けれど「その場にいなかったからこそ」できることも沢山あるはず。
と信じて、外から一緒にエールを送りましょう。
ね、まぁちゃん!

まぁちゃん さんのコメント...

美香さま>(これってみきゃかし?)
その人(達)、立ち直ってたというより「淘汰されてた」感じ。あたしその時はショックで(しかも二人から同じようなセリフだったので)しばらく呆然としたけど「この方達はそれを人生の一部と認識した上で生きてってる」って感じだったかなぁ。
それこそ「その場にいなかったあなたには」・・・ってのすごいわ。これから出てくるかしら?出たらひるむわぁ。でもその場にいなかったからこそ脳のいつも使わない部分使って苦悩した・・・ってことない?(ちなみに「この場」って日本全体を差してるのかしら?)
外からもちろんエールっ!
でも、どんなエール送ればいいか、ちょっと具体的に考えさせて・・・。

みきゃ さんのコメント...

はい、みきゃです。
(さっきは投稿の仕方間違えた)

「この場にいなかったから」というだけでなく、「祖国離れて自由に生きている貴方には分からない」という、やや斜めからの攻撃もあり、実はけっこう辛いあたし。

まずすぐにこちらで出来ることといったら、こっちの人達に現実を知ってもらうこと&義援金集めぐらい。
けれど「チャリティーって偽善者っぽくて賛同できないんだよね」という言葉まで頂いちゃって、へこんでいるあたし。。。

何をやっても批判する人っているんだなぁと。

日本を外から応援するのも命がけ?だわ。

まぁちゃん さんのコメント...

みきゃ>それこそ、そんなこと言う人いるんだぁ。びっくりよ。チャリティのことはあたしも考えるところがないこともないけど(☜そのあり方について)偽善者とはちょっと言いすぎ。つかこの行為の中に「偽善」と言うことはないと思う。他人と「善」のあり方が違うことはあるかもしれないけども。