2011年10月31日月曜日

They are only cupcakes. Not Ryan Gosling.


ケンジントンチャーチストリートのCupcake Companyのカップケーキによって初めてその美味しさがわかったわたし。美味しく作ってあるものもあるんだなぁ、と感動しました。
ニューヨーク時代にCup Cake Cafeで時々は食べていたものの「別にそこまで美味しいもんじゃないわ」と思ってたのよ。
スポンジは堅いし、アイシングは甘たるいし・・・。
が、NYから遅れること久しく、最近ロンドンでカップケーキ文化がウザいぐらい花開いている。
どこへ行ってもカップケーキ。誰の話聞いてもカップケーキよ。
Cupcake Companyを初め、ここ何年かでロンドン中に専門店がたくさんできて、人々は「あそこのアイシングは甘すぎず、スポンジも軽いの。」だの「ベリーの入ったスポンジが絶妙なの」だのと、勝手なことほざいてる。その専門店が出してる美しい装丁のレシピ本も沢山ある。

で、昨日だ。
チェルシーを歩いていたらウィンドウに綺麗にハロウィン仕様の素敵なカップケーキが並んでたお店があり、その美しさにうっとりしていた。
ちなみに大きいカメラを肩から下げていたあたし。
店の中から眺めてるあたしのことをじーっと見てる女の店員がいた。
あたしゃジェ美と一緒に喋りながらちょっと離れたところからウインドウのほうにカメラを向けたその瞬間、店員が脱兎の如くしかも般若の如しの形相で店から出て来て、上から目線マックスのルードな口調で
「あぁ、やっぱり撮ると思ったっ!だから見てたの。写真撮らないでっ!」
って、いきなり噛み付いてきたの。
「あら、ごめんなさい。外からなので良いかと思っ・・・」
「あぁぁぁぁ〜!とにかく撮らないでっ!撮ってたら消してっ!」
「I'm afraid but・・・なんであなたに店の外にいるあたしが指図されなきゃいけないの?」
「・・・ごめんなさい。でもお店の規則だから。」

写真を撮っているとその辺の境界があいまいで、どこからどこまでプライヴェートなのかわからない時がある。お店の中でどうしても商品が撮りたい場合は店員さんに聞くようにはしてるんだけど、店の外からしかも至近距離じゃなく4、5メートル離れてるところから撮ってて怒られたから、びびっちゃったわ。なるべく高級レストランとかではプレートも撮らないようにはしている(だからあたしって食べ物の写真少なくね?)。
ということで、このカップケーキ至上主義、ファッキンうざい。もうやだ。
たかがカップケーキなんだよっ!まるでセレブ並の扱いじゃねーか。
セレブっぽくないものをセレブっぽく扱わなきゃいけないほど嫌なもんはねーんだよぉ(前のブログ参照)。
ちなみにその店は☞ここだよっ!

写真はその後入ったアートギャラリーに置いてあったタダのカップケーキ。
でも意地でも食べなかったわ。ふんっ!

「あんたも喰うべきやんなぁ」のポーズ

4 件のコメント:

asanomoon さんのコメント...

ブームが厭だw。
できれば去って淘汰されて一番美味いのが遺ってくれれば食べるけどw。
某・クリームドーナツが脳の目覚めに効果があると以外、どうでもいい自分にとって・・・。
そのカップケーキブームって、今の銀座のデパ開店に並ぶのと同じくらい・・・無視したいかもwww←
でも、実はすっごく美味しかったり?w

まぁちゃん さんのコメント...

asano先生> 夢を売ってるものって、ふと間違えるとものすごい攻撃してくることってない?ディズニーとかさぁ。さっきうちのおさーんが「あの時、あの理不尽さに良く怒らなかったね。なんで写真撮ったら駄目なのか後で店に聞いてみたい。」って言うから「おめー!じゃぁあの場で怒れよっ!」ってあたしらが喧嘩ってどうなん?(爆)
そのクリームドーナツって何?!本当に効果あるの?宣伝にやられてない??w

Kazuyo さんのコメント...

このブームに対抗する英国人が、カップケーキはアメリカン、イギリスではフェアリーケーキじゃ、と言い張るのがおもしろかわいくない?

でも、そろそろこのブームもおわりじゃないかなぁー。出尽くし感あるよねえ。

まぁちゃん さんのコメント...

かずちゃん> フェアリーケーキて・・・爆。だってフェアリーってお釜って意味だしwww ま、お釜が好きそうなケーキではあるな、うん。