2011年12月30日金曜日

魅惑のブダペスト

霧のドナウ川

ファビュラスすぎるクリスマスをグラーツで過ごした翌日、ファビュラス・テオのドライブでハンガリーの首都ブダペストに行ってきました。
なんと、グラーツからたった4時間足らずのドライブなのよ(☜ルート)。
グラーツから一瞬スロヴェニアに入り、その後ハンガリーの平坦で何もない道をまっしぐら。
テオが計画したんだけど、最大の目的はこのGellert Hotelのスパ(☜クリック)。
写真で見る限りとっても綺麗なんだけど、実際行ってみたらまぁまぁだった。
つーか、地元のおっちゃん達も来る温泉って感じの雰囲気。温度も38度と低めでちとものたりず。しかもスチームルームの機械が壊れててこちらは80℃ぐらいで死ぬかと(普段はフツーよ)。
このGellert Hotelがまたすごいレトロで軽井沢の万平ホテルに来ちゃったのかと思いました。このホテル自体は超おすすめ。お部屋も広くて、安いの♡
ホテルに泊まると温泉はタダです(誰でも来られるのよ)。
次回は是非Boscoloに泊まりたい(金貯めて)。

ブダペスト、親友のジョンが「リスト音楽院」に行った、ということでしかあたしとの共通点はなかったのに、今回たった24時間しかいなかったのにも関わらず完璧恋に落ちました♡ マジャールやらハプスブルグやらソ連共産時代の歴史がまるでアラベスクのように混じり合い、えも言われぬ馨しい芳香を放っていたのだった。
亡くなった父や祖母がその辺からひょいと出てきそうな、裏ぶれた味のある雰囲気だったの(ホンマに出て来たら怖いけどさー)。
パリ、ローマ、ミラノ、ウィーンに次いで好きな街になりました。

それにしても、グラーツでレンタカーを借りる際に、
「旧東ヨーロッパに行くならあなたの銀行口座を2000ユーロ分担保にしていただきます。しかも盗まれる可能性があるのでナビは付けれません。」と脅されて、一体どんな魑魅魍魎がうごめく僻地に連れてかれるかと思いきや、あーた、それ西ヨーロッパ人の偏見と傲慢。
全っ然っ怖くなかったわ。Ω\ζ゜)ちーん
むしろ、毛皮なんか着て優雅に歩いていらっしゃる人が西側よりも多かった。

みなさん、ブダペストに行く際には温泉に行かない手はないので、かならず水着とスイミングキャップを持参のこと♡

ブダのブタ。丸ごとがマーケットで売られてるの(汗)

4 件のコメント:

Saka76 さんのコメント...

こちらでは初めてコメントさせていただきます、Saka76です。「霧のドナウ川」素敵ですね〜(うっとり)。私もブタペストで温泉に行きたくなりました。まあちゃんさん、写真はもちろん、文才もあって、素晴らしいです。またお邪魔したいと思っています。

まぁちゃん さんのコメント...

Saka76様♡> うわぉ!こちらにもいらして下さって嬉しいです♡年忘れにこんなに褒めてくださって、ありがたやぁ。
(-人-)ナームー...
また是非いらしてくださいませませ♡

asanomoon さんのコメント...

豚の丸売りしてれば日本みたいに「とんかつが歩いてたのを捕まえてきて売ってる」って誤解を子供に与えずに済むわねw。←
つーか、ドライブコースが素敵過ぎそう♡
あー、こーゆーところを古めのスポーツ車(もちろんMT♡)で旅してみたい。
今年は、一年どーもでした。
いい新年をお迎えください〜♪

まぁちゃん さんのコメント...

asanomoon先生>そんなトンカツのトンがなんか知らんアフォな子供いてるの?
ドライブコース、本当にずーっと同じ風景で退屈。小さい村とかも通らないのよ。しかも起伏も全然ないの。起伏がないからスポーツカーにはピッタリかもかも!途中のドライブインもすごく綺麗だったわ(ハンガリー)。