2012年2月17日金曜日

現在(いま)あるのみ


ロンドン郊外、エガムの短期アパートのリビングルームにマンハッタンのグランドセントラル駅を撮ったモノクロの写真が飾られています。
4つの窓から光が差し込み、まるで時を永遠に止めたかのような神々しい雰囲気を漂わせている写真です。
これを見た瞬間、23歳の世の中のことを何もわからないまましがらみから逃れるような形で日本からニューヨークに出て来た、希望と不安で胸いっぱいの1993年の自分へとタイムトリップしてしまいます。
あれから20年近く経ってしまったけど、あの時の高揚感は決して忘れられません。
ニューヨークに住み始めた頃毎日のように通った、尽くせるだけの贅を尽くし創られた駅舎。世界中で最も好きな建築物の中の一つです。

さて、無事スウェーデンのビザがおりて、明日英国を去ることになりました。
(これスウェーデンに到着後アップしてます)

たかが2年半という短い間ではあったけど離れるとなるとこの国であったいろんな楽しい思い出や、やりきれなかったことの悔しい気持ちが沸いてきて、ちょっとセンチメンタルになりそうですが、この誰が撮ったかもわからない写真を見てたらどこかから力が沸いて来て、まるで若返ったような気分になるじゃありませんか。

この永遠の建造物の写真は
「それは頭の中にあるだけで、実は過去も未来もなく、自分はただ現在あるのみ。だからいつも新しい自分でいなければいけない。」
と説いてくれているようです。

(バーバラ先生の思い出、ってブログ書いた後に言うのもなんだけど・・w)

ロンドンでお世話になった友人各位、本当にありがとう♡
あなた達のお陰でまた成長しました。
マルメ(コペンハーゲン空港)までヒースローからたかが1時間強のフライト。
また気軽にお世話しにきてちょうだいね♡

グランドセントラルと言えば、このシーン。涙なくしては見れません。
是非見て下さい、Fisher King。


0 件のコメント: