2012年3月27日火曜日

Fisksoppa(おすすめしませんシリーズ♡)

添えてあるのはアイオリよ

今日はとってもお天気が良くて、陽気も完全に春だった。
おさーんが昼休みにルンドの中心まで出ると言うので(昔は町中にオフィスがあったのだが今はルンド郊外にあり、中心に出る機会はほどんどない)あたしもマルメから10分グリーン車で(ないからグリーン車)揺られて行くことに。
お目当てはこのFisksoppa。
fisk=fish soppa=soup 
フィスクソッパ、なんだけど発音する時に「フィスクソォーパぁぁ」と「パぁぁ」のところにもストレス置くとよろしいかと。(あぁ、教養の高いブログ)

スウェーデン、このテのものは確実にほぼみんな塩辛くて最後まで絶対に食べられた試しがないのに、ルンドの市場(最近改装されて非常に綺麗になった)の魚屋に併設されたレストランのこの魚介スープは塩味もクリーミー加減も丁度良い。
2ヶ月に一回は食べたくなる・・・かもかも。

でも、あたし、これを皆様に格別お薦めしているわけじゃありません。
以前に何度か書きましたが、あたし食べ物は「ご紹介」はしますけど「お薦め」はしません。おほほ。何回も言うなって?
お友達が作った餃子が美味しかったら舐めるように褒めるけど、レストランのものは責任追わされているみたいで、やたらめったら書けないのよ。
あ〜た、それを証拠にロンドン在住の和式マダムの皆様がお書きになられる「ロンドングルメ評」なんて、半分もI don't fuxking agreeよ。なにがロンドンで一番美味しい小籠包だよっ!ばかっ!つか、こんだけ大金払ってるんだから「ふわぁっふわでとろけるような口当たりぃ。もう病みつきです。」ぐらいであたりめーだろ、って声を大にして言えたらどんだけ幸せかしら。人の味覚はそれぞれに違うもの。でももしそのお薦めを頂いた時に想像しているものよりも劣っていたらやっぱり気分悪くなるもんなー。
ちなみにあたしお口に入って腸が消化できるものならなんでもいただきまうす。ただそれをことさら美味いと褒める感覚が判らないってだけ。

このスープも別に大したこたぁないんだけど、まぁ、お魚屋さんがやっているので魚がとても新鮮だということ、魚の切り身がこれでもかと入ってること、塩辛くないこと、かなり満足できる量なこと、美味しいふわっふわの焼きたてのパンとサラダが食べ放題なこと、ウェイターの兄ちゃんがまたまたお約束かおっ!ぐらいイケメンなことぐらいしか特筆できず・・・だからなに?って感じでしょーっ!がはは。
Ω\ζ゜)ちーん
普段美味しいもの食べてばかり、☆の数ばかり気にされていらっしゃる舌の肥えたグルメのあなたにはとてもとても・・・おほーほーほーw。
だから「スウェデンに住んでるおかまのブロクですっげ薦めてた」とか絶対に言わないようにw

ランチタイムは激しく混んでいる


一応万が一のために(?)リンクしておきますけどね(爆)
Malmstens Fisk
(このサイトの写真の美しいことといったらっ。勉強なるわーぁ。)
ちなみにお値段95SEKです。席について注文したときにお金払うのよ。
さらにちなみにDagens(日替わりメニュー)の焼き魚なども新鮮で塩加減も最高、「あら、醤油持ってくりゃよかった♡」って感じだけど・・・・お薦めしません Ω\ζ゜)ちーん




その隣の肉屋でうちの老人(爆)が巨人にオーダーしてます。微笑ましいです。

2 件のコメント:

kumimuraくみこ さんのコメント...

すごい読み方。(笑)
この間バーゼル行った時にスープ屋さんに入って、スウェディッシュスープなるものをいただきましたが、そのお魚スープでした!
美味しかったです~!
本場で食べてみたいですー。北欧興味大!

まぁちゃん さんのコメント...

くみちゃん> 北欧って人生ン十年間ノーチェック。興味も感心も、よって知識もなかった分ものすごいワンダーランド。特に人がどこの欧州の人とも感じが違い、あたし的には好きだわぁ。是非♡