2012年4月27日金曜日

チャイナタウンでよろめいた

散歩しながら過去のページをめくる

ロンドンのお友達のどどんちゃんが「人はどういう時に泣くのか。果たして悲しかったり寂しかったり歓喜に心躍らせた時のことを思い出したら涙は出るものなのか?」という面白いお題でご自身の連続ツイートに記されていて、それと主旨はちょいとズレるのですが、いったいあたしは過去にあったどの出来事を思い出した時に泣けるのかな、とこれを良い機会に(?)考えてみたの。

さまざまな思い出深い話を「これはまぁまぁ泣ける」「あの時は泣けたのに今思い出すとドッチラケ」「これは逆にドラマチックすぎて泣けない」と丁寧に記憶のファイルを整理していたら(暇)あるエピソードを石でガツンっ!と頭殴られた如く思い出し、このスウェーデン王宮に響き渡る声で大泣きしてしまったのでした。

ニューヨーク在住のお釜友、まーこちゃんのお話。
ご本人、こんなことすっかり忘れてると思うんだけど・・・。

あたしが麻布に住んでた5年ほど前、まーこちゃんがお仕事(CAなの)で成田のフライトがあった時、 ちょうど中間点(かぁ?)の上野で待ち合わせて「伊豆栄」さんのウナギを食べに行った時のこと。

あたしたちの席の隣に中年夫婦とそのどちらかの母親らしきお婆さん(かなりお年をお召しになっていらした)が座って、何喋るでもなく淡々と食事をしてたの。

あたしたちはこちらで盛り上がってて、特にあたしはウナギとまーこちゃんのオモロい話に夢中でその3人がいたのはわかってたけど全然気にも止めてなかったの。

ほどなくしてその3人の食事が終わり、中年夫婦はさっさと立って帰りかけてるのに、そのお婆さんが掘りごたつから立ちにくそうにしていらっしゃるのよ。
足腰がまだピンピンしてるあたしでも立ちにくい掘りごたつだから、ご老体だったらさぞかし大変なのだったのだろうと思うわ。

で、それまで昭和のアイドルネタ「いやだっ、まこじゅ(☜あたし)『相本久美子のチャイナタウンでよろめいて』知らないの?!あんな名曲知らないなんてっ、しんっじられないっ!いやだっ、いやだっ、いやだっ(☜口癖)。」なんて話とかしてたまーこちゃんがいきなり
がばっ!!と立って、立てずにいるお婆さんのところまで行き、後ろからすぐ抱えられるような体制をとり、店内に轟くアメリカ仕込みの超キャビンクルー声で
「お立ちになれますか?手お貸ししますね♡大丈夫でいらっしゃいますか?」
と言ったの。
あたしゃ一瞬何が起こったのかわからず・・・。ビックリ・・・。
お婆さん、嬉しそうに照れて「すみません・・。」って。
「あらぁ、大丈夫よぉ。立てますかぁ?」と、立たせてあげながら言うまーこちゃん。
そのご夫婦も離れたところから「あ、すみません。」と頭を下げていらした(人にお礼を言えるような人達で良かったぁ・・・)。
あたしゃびっくりでまーこちゃんに「まーこちゃんエラいわねぇ。このアスファルトジャングル東京でなかなかできるもんじゃないわよ。ちょっとあたし感動しちゃった。」みたいなこと言ったら、
「いやだっ(☜口癖)あぁいうの自分の母親と重ね合わせちゃって、見てられないじゃないのさー。他人はやらないとかどーでもいいの。いやだっ!(☜口癖)なんで恥ずかしいのさー♡うふふふふふふふ。」 と何気なく。

この話思い出したら自分の父親が死んだ時のこと思い出す以上に泣ける、なぜか。
で、冷静になんでこんなに泣けるのか解析してみたら・・・

① まーこちゃんの威勢におされて何もできない自分。しかもそのころ東京で小さく収まってた自分にいきなりニューヨークサイズのとてつもないデッカいもの見せられたようなきがして、非常に恥ずかしい。
② 息子夫婦らしい人がいるのにそんなもんまるで見えないように、ただそこで立てずにしているお婆さんだけに集中してたまーこちゃんがすごく逞しく誇りでもある。そんなこと屁でもないようにやってのけた。
③ 声をかけてもらったお婆さんも嬉しそうにしていた。
④ いつもまーこちゃんは年寄りとかに優しい。(イケ好かないビッチには厳しいがw)
⑤ その後頼んでへんのに上野の「熊専バー」に連れて行ってくれた(意味不)。その時の髭のママ(ママというよりはパパって呼びたい)の手作りナポリタンの味も一緒に蘇り。
Ω\ζ゜)ちーん

以上の5点+αがアラベスクのように脳の海馬で絡まり合い、あたしに怒濤の涙を流させるのである。
多分他人が聞いたら、ばーさんをオカマが助けたというふつーの美談だろう。
でもあたしには特別な時期に体験した極めて特別な出来事で、脳のデリケートな部分(うふん♡)に思いっきりタッチしてくる。

関係ないけど、そもそも日本古来から言われ続けてる「男らしさ」っていったい何なのかしら?昔はそりゃ「男らしく立派な男」が多かったのでしょうけど、今ってなんとなく小さくまとまっちゃってない?
しかもこんなまーこちゃん(まぁあたしもだな)のことかを「おかまでキモイ」とか心なく言うやつもいる昨今。
政治もオカマ(まーこちゃんとかマツコとか)やオバサンにまかせておいたほうがいいんじゃないの、エキゾチック・ジャパンっ! ってこと大声で言えたらどんだけ素晴らしいかしら(爆)。
 男で小さくまとまるぐらいならデッカいオカマになったほうがいいんじゃないの?と、あたしが言ってもずぇんずぇん説得力ないし極論だよなー。がはは。

I'm so proud of him.
ということで、まーこちゃんの飛行機に是非乗ってみてください♡


ちなみに、どどんの連続ツイート もどうぞ(☜クリック)

3 件のコメント:

あきちゃん さんのコメント...

>男で小さくまとまるぐらいならデッカいオカマになったほうがいいんじゃないの?

個人的には2012年最高の名言(^o^)
部下の教育に悩む42歳、この名言を有効活用させて頂きます。

まぁちゃん さんのコメント...

あきちゃん> おぉ、超お久♡お元気ぃ?2012年上半期で最高の名言賞いただいちゃった(汗)。下の世代の人達を教育するのって、想像だけどなんだか大変そう。あたしらもバブルで無気力な世代って言われてたけど、それに輪をかけてすごいらしいじゃないの。頑張って、おとーさん。

あやん。 さんのコメント...

ええ話やなあ。いけてるなあ、お友達。
ほんで熊専バーてなに?もじゃもじゃなん?