2012年5月19日土曜日

ルイジアナ♡

ツツジ咲き誇る


お天気が良かったのでおさーんとルイジアナに行ってきました。

と、言ってもルイジアナ州じゃなくて、デンマークにあるルイジアナ近代美術館よ♡
スウェーデン人や在瑞日本人のみなさまから「えぇ?ルイジアナ近代美術館行ってないのぉ?!ダメよ、行かなきゃっ!」と散々言われたので重い腰をあげました。

マルメから電車に乗りヘルシンボリまで行き、そこからデッカいフェリーで(船着き場直結)対岸のヘンシンノアまで行きます(所要時間たったの20分ぐらい)。
そのフェリーで皆さんは示し合わせたようにビール飲んでホットドック食べてます(爆)。15分おきに出ているので大変便利。
ヘルシンノアの船着き場の真下にあるヘルシンノア駅からまた電車に乗って3つ目のHamlebaek駅で下車(約10分ぐらい)。
そこからサインにしたがってひたすら水戸黄門みたいに1キロ歩きます。
Ω\ζ゜)ちーん
ちなみにマルメからだとコペンハーゲン周りの電車で乗り換え無しで行く事ができるんだけど、フェリーに乗ってみたかったので老体には厳しいがわざわざこのルートにしました。

行く前からこんなに疲れちゃったら美術館どこじゃねーじゃんっ!こんなんで国際秘宝館みたいだったら怒って帰るわよっ!などと毒付いてたのに、来てみてそのあまりの美しい景色を目の前にしたら心も暖かくなるのが人間ってもんじゃないの、え?

この駅で降りてね♡

駅から美術館への道中には可愛い家々が
やっと着きましたっ
コロニアル調の創始者の家屋
おや?海に向かって人垣ができている。これもアート?(牧瀬風)
近づいてみたら沢山の人が一点を見ていました・・・その先には(ウザい牧瀬風)
野外の能の舞台を思わせるセッティング

折しも野外舞台ではDanish Dance Theatreの公演中でした。
対岸のスウェーデンを望みながらしばしば美しい人達(OMG!)の踊るダンスを鑑賞。シュールレアリスティックな光景。

お庭に鉄製の狭い歩道があって、それもアートだった♡

その道の向こうからおいでおいでとする人がいる ( ̄▽ ̄;)

館内撮影禁止とは知らず撮ってしまいました。ごめんなさい。

館内もかなり広く、昨日はWomen of Avant-gardeというエキシビションしてました。これがファビュラスだった。ピカソの「泣く女」のモデルとして有名なドラ・マールの作品もあって、彼女も才能のある写真家だったことが判りました。

おさーんがいたから一個一個に集中できずざーっと見ただけ(涙)。
ここは一人でじーっくりと来なきゃいけないわぁ。
一日中いるつもりで来てもいいと思います。ダンスやコンサートと合わせての美術館鑑賞がよろしいかと。
それにしてもなんちゅー風光明媚なところに美術館を建てたのでしょう。
足の疲れも忘れ、心がとってもリッチになりました。
夏のうちにもう一度来ることを心に誓い、同じ家路を辿って帰ったのでした。

ちなみにこの「ルイジアナ」という名前だけど、創始者(Alexander Brunさん)が結婚した3人の夫人達の名前が全てルイーズさんだったかららしい。
そんな偶然ってあるんか?
寝言で「うぉぉぉルイーズぅぅぅ♡」って言っても疑われないだろうから、便利でいいわねー。

カフェで超ウマのイチゴタルト。お約束♡
また来いよぉ、とモービルに手を振られ♡

5 件のコメント:

Kazuyo さんのコメント...

ルイジアナの意味が、どうしてなんだろう〜って思っていたので、謎が解けてすっきりしました。すごい偶然だよね〜。3人とも、なんて。

最後のモービル(?)インスタレーション、これって、ゴルフのショットのシーン? なぜかこんな単純なカタチの集合体で、ぱっとその図が浮かびました。違うのかなぁ〜??

まぁちゃんのブログのおかげで、死ぬまでに行きたい場所がひとつ増えました♡

まぁちゃん さんのコメント...

かずちゃん> 是非行って・・じゃなくて来てくださいっ!ここだけにわざわざ来る価値(ライアンエアでw)あるっ。想像してたよりも大きくてびっくりです。ニースのシャガール美術館やヴェニスのグッゲンハイムよりデカく、カフェの規模は多分ナショナルギャラリーの地上階のよりも大きいのよ。
このモービル、そういえばゴルフに見えるねぇ。あたしゃ手振ってるのかと思ったけど。この一番小さいプレートが赤い支柱に引っかかってて動かなかったのよぉ(涙)。
あたしもかずちゃんのおかげで知らなかったロンドンをいろいろ知れました。でももっと知りたかった。

じゃそわ さんのコメント...

素敵すぎ!本当に知的美的全て揃っててうっとり。。
それにしてもまあちゃんのブログは本になるべきだわー!

Pigrona さんのコメント...

私も、何故「ルイジアナ?」と思いながら読んでいたので、最後に答えがあってよかったわ。
なんというか、こういうアートが自然と一緒に自由に居る感じがとても好きです。イタリアは偉大な美術館がたくさんあるけど、どれも大事に厚い壁の中に保存されているので、時々息苦しく感じる事があるの。
こんな景色の中で、一日を過してみたいです。
マルメ、街も周辺もホントに素敵なところのようにお見受けいたします♥

まぁちゃん さんのコメント...

Pigrona> ぶーやん。ほんとに綺麗なところが多いのよ、この辺「夏限定で」。Ω\ζ゜)ちーん
がはははは。是非いらしてください♡