2012年8月26日日曜日

ヨーテボリ Göteborg (最終日)

最終日・・・iPhone劇場♡

ルスカ美術館にて


ヨーテボリの最終日は午前中しかなく、帰途につく電車に乗る前にルスカ美術館(Röhsska Museum)に行ったのみ。
スウェーデンのデザインものほぼ全部、服飾から工業製品、日本のテキスタイルから浮世絵(なんとモロの春画があってビックリ!それを真面目そうに見ている老夫婦・・・がはは)、ヴィヴィアン・ウェストウッドのウェディングドレスまでいろんなものが飾られてました(写真左上)。
なかなか充実した内容で大きくなく、2時間もあれば全然見れてしまいます。
ボルボの初代型が展示されている部屋で日本人とお見受けする、ちょっと目立つ格好の男性(作務衣みたいなジャケットだった)がスウェーデン人にインタビューされていましたが、どこぞの有名なアーティストかデザイナーなのでしょう。



⇧ヨーテボリ点描by iPhone


皆さんは旅行される時、どういうところに重点をおいてるのかしら?
わたしはモニュメンタルなものがなくても、例え小さい街でもそこに住んでいる人の息吹きが感じられる街が好きです。そしてそういうところのみ旅行に行きたいなぁ、と(行かなきゃわかんないんだけど)。
エッフェル塔やエンパイアステートビルみたいなゴージャスな世界的に有名なお宝がなくても(北欧の街にはそういう際立ったものがほとんどない)歩いているだけで、トラムに乗ってるだけでまるでそこの「一日住人」を演じさせてくれるような、そして疲れたらひょいとそのあたりのカフェに入れるようなそんな街だったら最高ね。
ヨーテボリは昔貿易で栄えた街だけあって、人の出入りにも歴史的に寛容です。
街の性格というものは10年では到底出来上がらず、長い年月をかけた末のものだと思うの。そういう街の性格だから人が寄ってきたのか、人が寄って来たからそういう街の性格になったのかは神のみぞ知るだけど、スウェーデンと言えどもそれぞれの街にそれぞれの性格ってものがあって、本当に面白いなぁ、と思いました。

ヨーテボリは性格の明るい街であることは1日いるだけでわかり(性格の明るい人が2時間でわかるように)噂通りみなさんもすごーくフレンドリーだった(スウェーデンの大阪と言われている・・・がはは)。

スウェディッシュ・デニッシュ・ファーム・ドッグちゃん がゔぁゔぃゔぃ!♡


あぁ、みなさまも是非。

そして欲望という名の電車は今日も・・・・(オリンパストリップ35)


0 件のコメント: