2012年10月29日月曜日

Wedding at Lake Como

 ©masamitony

東京在住のイタリア人のエリカが北イタリアはコモ湖畔、それもかのジョージ・クルーニーの所有するヴィラの真隣のヴィラ(がはは)でハンサム日本男児のKちゃんと結婚式をすることになり、光栄にもそれに招待されたのでちょっくらちょいとおさーん連れて行って参りました。
な〜んて言いながらそれにかこつけてミラノで美味しいものたんまり食べようとのもくろみもあったりしてw
ジョヴァンニに「キミにはミラノに住んでる友達よりもいっぱい会ってる気が・・・」って言われてまうぐらい、今年はよー来たわミラノ。3回も行ってもーた。もう「ミラノに住んでる」って言うてもいいぐらいかも。
あかん?

そのジョヴァンニの華麗過ぎるフェラーリ(ゴルフとも言うw)でヴィラの荘厳な門をくぐってみたら、そこはうちのおかーはんとかおねーはんとかはひょっとして生きてるうちに見ないんじゃないかぐらいな夢のような場所だった。◯◯殿とは大違いだわ(いや、失礼覚悟だがかなり違う。書かんでええことだがあえて書きたい)。
ジョージ・クルーニー(隣の家主なんだけど)がネスプレッソ片手に出て来てもおかしくないぐらいのところよ。

おりしもその日は5℃の極寒日。コモ湖畔の山は真っ白な霜で覆われていた。
エリカはショートスリーブのドレスで半分凍死しながらの式だった(爆)。
花嫁って大変だわねぇ・・・。 (式は東京で済ませていたので披露パーティのみだった)

それにしても出席者の北イタリア、ロンバルディの人々のおとなしいことよ。
イタリア人は陽気でうるさくていい加減、みたいなイメージを根底から覆してくださった気品のある極めておとなしい皆様だった。
どこやらの国みたいに泥酔して赤ら顔にネクタイ頭にまいて屁こきながら踊ってるようなおっさんは一人もいない(あら、いるのよ、これ結構w)。

ちなみにあたしのイタリア人の友人は完璧に二つに分別することができる。
ニョッキを大量にその口につっこまない限り黙らないうるさい人たち(量と音声がうるさい)とスピーチでも頼もうもんなら頓死しちゃうんじゃないかってぐらいシャイな人たちだ。Ω\ζ゜)ちーん
ちなみにあたしの個人的感想だが、イタリアのインテリ層は欧州のどの国の人よりも寡黙で品格がある(だから個人的な感想な)。
スパゲティ喰いながらVolare歌ってるだけがイタリア人じゃないのだ。クリック☜(でもこの歌は大好き♪)

料理も大変においしくいただいて(最後は苦しい6コース) 披露宴も滞りなく終る頃、コモ湖の上には幻想的な満月がまるで二人の将来を煌煌と照らすように浮かんでいました。
結婚式に出席するの、悪くないわぁ・・・海外では。し〜ん。
日本ではご祝儀のお金が出せずにいろいろ理由を付けて欠席する人も多いと聞く。
わかるわーっ!!!
祝儀にン万も出して離婚されたんじゃかなわないわよ、まったくっ(いや、これも書きたくはないがあえて書く)。
高いご祝儀を搾取してまでなんであんな陳腐なお色直しとか付け毛とか、はたまた聞きたくもないカラオケでシメるような結婚式せなあかんの?と心の底から思ってしまった今回のコモでの完璧なウェディングだった。

あぁ、将来(人生のいつから「将来」っていうのかかなり不明な昨今だけど)は是非コモに住みたい、やっぱりイタリアが一番だわ、とまたまた一層パーソナルなものになりました。
もうほんと、イタリアってなんなのっ。号泣。
・・・・・・の、はずだった・の・だ・が。
つづく♡




お幸せに♡




1 件のコメント:

ZNK さんのコメント...

ちょいとご無沙汰している間に、まぁちゃんの”楽しい”秘め事がガンガン増えてる。。。うれしす♡ それにしても、東京のどこぞでもしもお会いした事もないエリカちゃんに出会えたら、「すてきな結婚式だったのね〜♡」って突然話しかけてしまうかも。。。「まぁちゃんの変な友達に声かけられた」って言われたら、それあたし。。。きっとあたし。先に謝っておくわ、ごめんね。