2013年1月26日土曜日

コーヒーと大使館の秘め事



ちょっくらちょいとコペンハーゲンにあるアメリカ大使館まで行ってきました。

他の国にあるアメリカ大使館は知らないけど、デンマークにあるやつはオンラインであらかじめアポを取ってから行くので長いラインに並ぶ必要はありません。
東京でもロンドンでもアメリカ大使館の外にずらっと列を作る人達を見た事があるけど、この極寒(マイナス8度)の中、外に人を並ばせるのは殺人的行為でしょう。
入り口の外にドルフ・ラングレン(この俳優はスウェーデン人だけど)みたいないかついお兄さんが立っていて
「館内に入ったら携帯ならびに他の電子機器類は電源を切って入り口の受付に預ける事。ちなみにiPadは持ってないよね?」と言われました。
 あたし:「持ってます。iPadの電源も切って入り口に預ければいいんでしょ?」となにげに言ったら、なんと厳しい声で

iPadを持ってるものは館内に一歩も立ち入る事はできない。大変もうしわけないが出直してもらう。」
(なんでなんでなんで?!?なんでiPhoneはいいのにiPadはあかんの?)
と、上からガツンっ!言われてうちのおさーんと5秒だけ途方にくれてたらドルフが
「出直して・・・・ってことに表向きにはなってるが・・・・」
と、にやけたような顔近づけて囁いてきたw

あたし:「今日だけは特例で入ってええのん?!」
ドルフ:「No! iPad持ってたら国王でも絶対にダメ。ダメだけど・・・実は・・。あの角に緑のシェードの店があるだろ? 」
と300メートルぐらい離れたところの小洒落たシェードのお店を指差している。
「あれコーヒー豆屋なんだけど、あそこに行って丁寧に『iPad預かってくださいますか?』って聞いてみな。」
と言っている。

(;`∀´) 
まじか?!

半信半疑なあたし達。
歩きながらも「『知らない人のiPadなんて絶対に預かれません!爆弾入ってるかもしれないのにっ!』ってずぇったいお店の人に言われるよね。また出直そうか・・・」となかば途方にくれながら、それでも渋々とそのコーヒー屋に入った。
「Velkommen!!(ウェルカム)」という男性の店員さんにむかって、うちのおさーんがバツ悪そうに蚊の鳴くような細っい声で、
「あのぉ、実は」って言うてる間もなくそのお兄さんが

「はいはい、iPad預かれば良いんでしょ。丁寧に預からせてもらいますよ。他のデバイスとか充電器もここに置いて行ったほうがいいよっ♡」

満面の笑顔で言うじゃないの。
( ̄▽ ̄;)
なんかきつねにつままれた気分になっちゃった。
まさかここであたしのiPadの中身調べ上げて(やばいやばいやばいww)裏からアメリカ大使館に送信してるんじゃないの?とすら思わせるぐらいの「つー」といえば「かー」さ加減。

なんじゃ、アメリカ大使館とコーヒー屋のこの連携プレーはっ!
素晴らし過ぎるっ。
みなさんホームページ書いてないから大使館に拒否されてここにiPadを持ってくるらしい。
「今どき、みなさんiPad持ってはるよね。(北欧の関西、デンマーク)」なんて、コーヒー屋の兄ちゃんものんきに言っている。
あたし:「コーヒー買わずにiPad預けるだけで出てく人もいるでしょ?」
と聞いたら、お兄ちゃん
「いてはるけど、ええよ、べつに。」
やって。(;´༎ຶД༎ຶ`)

もちろん高いコーヒー豆買わせていただきましたよっ!(写真上)
(すごい種類置いてるの、そこ)
何度も言いますが、北欧はまっことコーヒーが美味しいとこばってんよっ。
豆屋のとなりは直営のカフェです♡

そのカフェでいただいたベジタリアンランチ・・乳製品盛りだくさんで痩せませんw


あぁ、それにしてもデンマークはいつ来ても陽気で朗らかでええところ(真面目で良い人が多いスウェーデンとちょと違うのよ、これが)。
なんだか、極寒の中こころも暖かくなっちゃった(涙)。


っていうか、アメリカ大使館もiPadのことホームページにちゃんと書いとけっ!!
ウリャー!! (ノ-o-)ノ ┫:・'.::
ところで、「iPad」ってピンポイントに言われたけど、「PC」は良いんだろうか?

(生活に役立つブログw)

0 件のコメント: