2013年2月13日水曜日

大事にとっておく涙

優しくておしゃれで上品な人でした


中学の時にクラスのある男子が泣いていたら(なんで泣いていたかはすっかり忘れたが)担任の先生が
「男が声出して泣いていいのはお母さんが死んだ時だけ。その時に思いっきり泣くために涙は大事にとっておきなさい。」
とおっしゃったのを今でもハッキリ覚えています。

だから今朝、普段はまったく感情を抑えているジョヴァンニが仕事しているはずの時間に電話してきて

「今朝マンマが、マンマが死んじゃった!うあぁぁぁぁぁ!マンマが死んじゃったぁ!どうしよう、これからどうしようっ。僕の大事なマンマがっ。あぁぁぁぁぁっ。」

と壊れたサイレンのように慟哭した時には、ショックでぼーっとしてしまった脳の奥のほうで、彼はこの時の為に一生分の涙をとっておいたんだな、と思った。
毎月のようにミラノからトスカーナに会いに行ってたお母さんをなくした気持ち、84歳の母が気丈にしているあたしにはちょっと計り知れない。

「もうこれ以上辛いことは一生ないのよ。順番ではこれが正解なのよ。あなたのその悲しい気持ちは自然だし好きなだけ泣き叫んでもいいのよ。お母様はあなたの心の中にお引っ越ししたのよ。」

などと、わけのわからないこととっさに口走ってしまった。
言葉を失うとはまさにこのことだ。

悲しいと同時に、あたしに真っ先に電話くれたことに心の底から感謝もした。
友人が身内の死に接して真っ先にその報せを聞くことって、心臓がやぶれそうに辛くなるにも関わらず、非常に光栄なことでもあるんだわね。

「マンマは幸せだったの? ほんとに幸せだったの?僕たちといて幸せだったの?」

・・・・。
それに泣かされてしまって、「幸せだったにきまってるじゃないの」と言ったかどうか、そしてどうやって電話切ったかも忘れちゃった。

そんな素敵で優しい、あたしたちにとってかけがえのない息子さんをこの世に産んで下さったこと、亡くなられたお母様には感謝してもしきれません。

その魂、安らかであらんことを。
合掌。

悲しいこと強制的にシェアしてしまってごめんなさい。
みなさん、親御さん大事にしていらっしゃいますか?
あと、絶対に自殺はしてはいけません。
自然死でもこんなに悲しいんだから。

2 件のコメント:

Kazuyo さんのコメント...

ジョバンニさんのお母さん、心からご冥福をお祈りします。明日、母の世話をしに日本に帰るのを、ちょっとやだなぁとどこかで思っていた自分が心底恥ずかしく、そしてそれがほんとは叫びたいくらい幸せなことだって、横っ面を張り倒された気分です。

安らかに。合掌。

まぁちゃん さんのコメント...

かずちゃん> 親孝行したいときに親はなし。親孝行したくないとき親はいる。
これって名言。
そうやってお母様の為に多忙な時間をやりくりして日本に帰って差し上げるのって、なかなかできることではありません。まだまだお元気でいらっしゃるんだから「いやだなぁ」ぐらい思っててもええのよっw 
お母さん、早くよくなると良いですねぇっ。