2013年5月27日月曜日

スロヴェニアでの秘め事(1)

リュブリャナの有名な三つ橋


スロヴェニアっていう国がどこに位置してるか知ってますか?
スロヴァキアじゃないわよ、スロヴェェェェニア、よw
ちょいと確認してみてちょうだい。
イタリアの右肩とでも言おうかしら。

数回にわたりスロヴェニアで体験したこと、つらつら書かせてくだしゃんせね。


大きな地図で見る

リュブリャナにも空港があるにはあるんだけど、お値段が華麗なのでw今回はおさーんの同僚のミハがベニスの空港まで迎えにきてくれました。ちなみにデュッセルドルフでトランジット。なんと待ち時間が4時間もあり、空港からタクシーで10分ぐらいなので街に出ました。あたしのドイツ初体験はこうやってあっけなく終りましたで早漏。Ω\ζ゜)ちーん

ベニスの空港に降り立ち、彼方にヴェネチアングラスで有名なムラノ島や優美なサンマルコ教会の尖塔を眺めながら後ろ髪を引かれる思いでそれの真反対方向へ。イタリアに行きながらイタリアに滞在しないなんて絶対イヤっ!劇団ひまわり仕込みの演技力でケビョーになってイタリアに居残ってやろう、旧東欧のスロバキアやらスロベニアやらわからん、聞いた事もない国なんて行きたくないっ、ってちょっとでも思ったあたしって、ほんと、豚野郎だわ(☜この方達者かしら?)。

スロヴェニアのシンボルの竜


ミハのガールフレンドのメトカを拾うため、彼女の実家のあるNova Gorica(ノヴァゴリツァ)へ。ベニスから1時間半ぐらいで着いちゃった。ちなみにイタリアのトリエステからだともっと近いです。
このノヴァ・ゴリツァ、地図で見てもらってもわかるけどイタリアのGorizia(ゴリツィア)と国境を挟んでお隣同士。しかもどこが国境だかわかんなくて、まるで東村山から所沢行く感覚で行ったり来たり出来るの(わかりやっすw)。ユーゴスラビア政権下のころから結構自由に行き来できたみたいで、皆さんイタリア語もペラペラなのよ。

あたしの大好きなメトカをピックして、再びイタリアへの国境を越えゴリツィアでコーヒーと激ウマジェラートしばいた後、高速に乗っておさーんの学会のあるスロヴェニアの首都リュブリャナへ(Ljubljanaって三回言うてみぃ)。これまた一時間半ぐらいで着いちゃった。
左にアルプスを眺めながらのドライブは最高♡旧東っぽい鄙びた感じもちょっとあってなんだかノスタルジックになっちゃった。

・・・
スロヴェニアは1991年にユーゴスラビアから一番手で独立した国なのよ。
現在使われてる通貨はユーロです。
高速の途中の山の頂上に「TITO」って書いてある朽ち果てたサインがあって、まるで伊東の「ハ○ヤ」の看板みたいないい味を醸し出してたわ。そういえばチトー大統領っておったよねーっ。懐かしいっ。
・・・

これから3日間、このGrand Hotel Union Businessさんにお世話になることに。
部屋も広めで、しかもクイーンサイズのベッドが二個どーんと置いてあって感動したのだった。ちなみにお値段はこの広さでパリの半額なのだった(号泣)。隣の本館のGrand Hotel Unionさんはもうちょっとお高いらしい。
あたし普段は旅行先の泊まったホテルの情報書かないんだけど、スロヴェニアのことはできるだけ書くわ。
だって皆さん、よほどじゃないと行かないでしょ?スロヴェニア。
おほーほーほーっ。
感じ悪いブログw



着いた日の夕食はおさーんの同僚と一緒にこのMostへ。
Mostってスロヴェニア語で「橋」って意味なのよ。
ロバート・デニーロも愛した(とメニューに書いてあったw)赤いビール☟おすすめです。



あぁ、スウェーデンに住んでると何喰っても美味く感じるw・・
・・・ってスウェーデンにもスロヴェニアにも失礼かしら。

・・・感動の旅へ、つづく。

このカルチェ・ラタンな雰囲気がなんでスウェーデンにはないんだろう


0 件のコメント: