2013年7月2日火曜日

無理な職業

©masamitony

昔どこぞのモデルのインタビュー記事に
「これから一生懸命努力してパリコレで歩けるようなモデルになりたいです。」
って書いてあるの読んで、その時ふと思った。
モデルって努力したらなれる職業なのかしら、と。

今回ミラノでメンズのコレクションを見て、あたしは1000%モデルにはどんな努力してもこの容姿じゃダメだと思ったわ。十仁病院に2年入院しても無理よっ!
(ちなみにあたしが「ミラノファッションウィーク行くわ。あぁモデルって大変。」って冗談極まりない冗談言うたら「ええええ?ほんとにぃぃぃ?!」ってちょっとでも真剣に取ってくれた千葉在住のあなた、一生のお友達・・・涙)

みなさんあたしの四分の一ぐらいのサイズの頭(皆さん笑ってるけど、これ大袈裟じゃくてホント)。メイクしてるにしてもべろべろ舐めたくなるような肌の艶である。
でもこの人達、モデルしながらちゃんと他のお勉強してるのかしら、などと頼まれてへんのに余計な心配までしてしまった。
「あんたたち、賞味期限が終ってからの人生のあり方が大事なのよっ。」
と、モデル達を体育座りさせて説教ぶったれたかったが、
「まぁちゃんみたいに頭デカいくせに頭が悪い人に言われてもなんの説得力もないっすよ。」って言われそうだからやめといたわよっ。ク◯っ。

モデルと言えば・・・
昔ニューヨーク時代にP君っていう背は168センチぐらい中肉中背、お顔のほうもアヴェレージ(言葉MAX選び中)のどこからどう見ても典型的な日本人の男の子がいた。
長年会ってなかったその子とロックフェラーセンターの紀伊国屋でバッタリ会った時に
「やだーっPくん、最近何してるの?」って聞いたら、店内に聞こえるような結構デカめの声で、

「あ、俺最近モデルしてるんっすよぉ。」

とイケしゃーしゃーと言うのよぉ。
あたしが「ええええええええっ!!!」って言うその声よりもデカく、その周りにいた日本人客の皆さまがP君を舐めるように見ながら
「ええええええええええっ!!!!!!!」
 と同時に叫んだの、良い思い出w
がはははは。
聞いてみるとP君、あるブランド(つかメーカー)の日本用の「裁断モデル」ってやつだったのよ。
でもその大事な部分は周りのお客様には聞こえないように言ってたから、きっと皆様家に帰った後家族に
「今日さぁ、紀伊国屋で◯ン◯クリンのくせにモデルやってるとか言ってるヤツいたわーっ!」って言われた確率高いと思います。

©masamitony

2 件のコメント:

znk さんのコメント...

この一番最後の写真。。。最近眼性疲労と視力低下のせいかな。。。中指が立っているようにみえてしまう(≡。≡;

まぁちゃん さんのコメント...

ずんこ> がははは。これあたしもみなさんにツッコまれるかなぁと思って載せたんだけど、やっぱりツッコむ人はツッコんでくるわぁ(意味不)。ほんとそう見えるでしょ?でもこれiPhoneでカムコーダーで動画撮ってる人の横からの図なのよっ。