2013年7月26日金曜日

それでも素敵なパリ


10年前はまだ優雅にお茶できたこのカフェだがここ数年観光客が長蛇の列を作ってる。そんなあたしもしっかり観光客なんだけど。

文章の中に「パリ」と入れるだけで、それがたとえ否定的な文面でもしゃらくさい感じを人に与えるのだということに気づいた。
「パリなんて犬のクソだらけ」
「あぁ、パリなんてまともな人間の住むところじゃないわ」
「昔は良かったのよぉ、パリは」
すべて真を突いている。
だがそこに微量に含まれている「しゃらくさい」エッセンスを嗅ぎ取ってしまうのは、あたしが田舎ものだからだろうか。
しかもそういうこと言われた後、屈託なく「そんなことないわよぉ。ロンドンだってニューヨークだってもう住むところじゃないわよぉ。」 とでも言ってみい。
パリジャン、パリジェンヌは「ニューヨークですって?アメリカでしょ?」と英語で言うところのMysterious grinを浮かべながら彼らお得意の口の横から「ふーっ」と息を抜く仕草をするに違いない。

ためしにパリをスウェーデン人がそのプライドを刺激されてやまない荘厳たる首都「ストックホルム」に置き換えてみる。
・・・全然しゃらくさくない。
素ぅで「あら、それは大変だわね」って思うだけww

やはりパリは魔都だわ。うん。
つれづれなるままに。

だがこのチェリーのクラフティの味は健在

パリのジャックに教えてもらったレストランだが、この時あたし以外ほぼ全員アメリカンw


0 件のコメント: