2013年12月29日日曜日

クリスマスプレゼントゲーム

みなさま、遅ればせながらメリークリスマス♡
楽しいクリスマスをお過ごしになられたかしら?

聖ルチア祭のコーラス 光と闇の使い方が本当に上手なスウェーデン


ぱっと見、これと言って際立った取り柄がないようなスウェーデンですが(失礼すぎw)、12月の聖ルチア祭からクリスマスにかけての沈黙を伴う美しさ、崇高さだけは他の国と比べても負けず劣らず。
普段は個人的にはあまりしっくりこないこの国独特の「慎ましやかさ」が最大限に発揮されて、そうじゃないあたしみたいなものにも「慎ましやかさこそ最大の美徳である」と思わせる説得力あります。(1月になったらまた気が変わるw)

が、今年のクリスマスで、慎ましやかであるはずのスウェーデン人が我を忘れて取り乱した場面を垣間みてしまったw

それはこの10年ぐらいスウェーデンのクリスマスパーティの時にするのが定番になっているらしい
「クリスマスプレゼントゲーム」
をヨーゲンの家族たちとやっている時のことよ。

このゲームのルールを簡単に説明しておく(知ってる人は無視してね)。

おのおのが安価なプレゼントを3つ用意してその中身が判らないようにラッピングする。
それら3つのプレゼントを大きいテーブルの中央に置く(この時は16人で合計48個のプレゼントがテーブルにのった)。
サイコロを用意し、一人ずつ代わりばんこに振っていく。
さいの目が「1」か「6」が出たときのみパイルの中からプレゼントを一つ取ることができる。
一回サイコロを振って「1」と「6」が出なくても左隣の人に渡す。
それをテーブルの上のプレゼントがなくなるまで続ける。
それがなくなったらその中の誰かが(誰でもいい)がストップウォッチ(ケータイについてる)を用意して15分カウントする。
その15分の間、また同じようにサイコロを次々振るのであるが、その時に「1」か「6」を出した人は他人が既に獲得したプレゼントの中から奪うことができる。
15分経ったところで終了。
最初の段階で沢山プレゼントを獲得していても、その15分の間に他の人からプレゼントを奪われる可能性があるのだ。

「ちきしょう!なんでそれ盗っちゃうんだよっ!」
「さっきあたしから奪ったその封筒返せっ!」
「お兄ちゃん、いつもあたしから盗っちゃうじゃんっ! 去年も一昨年もっ!」
「なんで1も6も出ないんだよっ!ク◯!」
「早くサイコロ振れよっ!!!」

今回は謎の封筒が用意されてて、その中身は「1000クローナ」という噂を誰かがまことしやかに流布しちゃったもんだから、さー大変w
その封筒をめぐり血で血を洗う奪い合いになって(がはは)、危うくこの一家の終焉を見るところだったw 


ちなみにアネットのお母さん(右手前でプレゼントをかき集めてるご婦人)が連続して「1」と「6」を出したため(一人振った回数が合計で20回ぐらい、その20回の間14回が「1」と「6」だったwww)一人勝ちになってしまった。
こういう時「こんなにツイてるなんて、この人は人生で持ち得る運を全部使い果たしてしまってないか」と思うのが日本人だ。(宝くじ当たった人の家は没落する、みたいなやつ)
こないだ「怒り新党」で「誰かにラッキーなことが起こると『こんなところで運を使い果たしたらダメよ』とか言う人が嫌い」と言うてたけど、あたしも嫌いである。
運がいい人はいつでもいいのであって、人の幸運度の絶対数なぞ決まっていない。
またその反対も、その中間もある、と思っている。
現にアネットのお母さんが言うには「今までの人生でラッキーな事しかなかった。良い子供にも良い孫にもめぐまれた。そして70歳で彼氏もできた♡」らしい。
ラッキーがアンラッキーかは自分で決めるものよっ!( 誰か風w)

ところで、あれだけ奪い合いになった「1000クローナ入り封筒」であったが、実のところ中身はスクラッチ式の宝くじで、スカであった、とさ。
ちゃんちゃん♪ Ω\ζ゜)ちーん

是非みなさんもこのゲームしてみてちょうだい。


0 件のコメント: