2014年2月27日木曜日

Campiglia, La Spezia

ミラノに着いたその日にジョヴァンニが
「ジョルジョとイゴールがラ・スペツィアに小さい家を買ったから冷やかしに行こう!」と言う。
オッケー、と軽く返事したけどそれがミラノから高速ぶっ飛ばして2時間半のところにあることなんてつゆ知らず・・・。

途中アペニン山脈を抜ける時蛇行が延々と続いたアウトストラーダ15号線であたしゃジョヴァンニの車を寸でのところで汚しそうになったわよ。
冷やかすどころかこちらが冷たくなっちゃって・・・。
真っ青になって山岳地帯を抜けたら、そこは地中海の香りのするラ・スペツィアだった。
香りだけはあの地中海の独特なものだったんだけど、なんせ暗くてあまり景色が見えない。(あの匂いって気持ち悪いの吹っ飛ぶわよね)

彼らの家はラ・スペツィアから更に日光いろは坂みたいな道をグネグネ登った山の上、Campiglia(カンピーリア)というところにあるという。
地図確認☟





やっとこさ到着したその晩はジョルジョとイゴールの作ってくれた簡単なフライドアーティチョークとチーズのパスタ(こういう食べ方もあるのかーっ!とさっきまで気持ち悪かったことすっかり忘れーの)をいただいた瞬間崩れ落ちるように就寝。
なんでも一人暮らしのお年寄りが亡くなられた家をそのまま購入したらしく、テレビ、冷蔵庫、もちろんインターネットもまだなかった。っていうか、ガスと電気が通っててラッキーね、と言いたいぐらいの修復超必要な家だったの。

次の日、起きてみたら窓の外は2月とは思えないほどの溢れんばかりの陽光と地中海からのちょっと冷たいけど心地よい風で夢見てるみたいだったわ。
筆舌しがたいぐらい美しい。涙。
ほんとに昨日までスウェーデンにいたのかしら・・・。
欧州って狭いのねぇ。
っていうか、ジョヴァンニが運転してくれるから狭いのか・・・。




二月とは思えない暖かな陽気だったので、テーブルを外に出して朝食をした。


朝食をしてる間中、アボちゃんが餌のおねだりにくる。


こちらはボノちゃん。
この田舎のまるでおばあちゃんが住んでそうな家に自分の理想の片鱗みたいなもんを見いだしたような気がしたかもかも。
こういう陽光の降り注ぐ場所で人生のゴールを決めてみたい、とうっすら思ったりして。
いや、やっぱりいろは坂の上に住んで車での生活は年寄りには辛いだろうなーっ。

ちなみにジョルジョ&イゴールは二人とも30歳のカップル。
普段はミラノのオフィスで働いている。
この家はラ・スペツィアに住んでいるイゴールのご両親に近いという理由で購入したらしい。

・・・人生の計画ってやってる人たちは皆さんお若いうちから着実にしてるのねー、ということに感動してしまう今日この頃。
あたしみたいに40も過ぎて「将来はぁこんなところに住んでぇ♡そんでね、そんでね♡がはははは。」なんて言うてるだけじゃぁなんにも始まりませんね。そうですね。

〜〜〜〜〜(/ ̄▽)/ 〜ф" 

   "ф〜 \(▽ ̄\)〜〜〜〜〜


ミラノにいるときより幸せそうな二匹。

ちなみにこのカンピーリアから北にほどなく行くと、かの有名なチンクエテッレです。

0 件のコメント: