2014年3月29日土曜日

やさぐれるあたし

ニューヨーク時代にアッパーイーストサイドに住んでいる、金持ちに「超┣゙」がつくような方達の御子息御令嬢を教えていた。
皆さん生徒を紹介して下さったり、パーティでピアノ弾くお仕事を下さったり(そのギャラの額がビックリなんだけど)本当に良くしてもらった。ニューヨーク(アメリカ)のお金持ちって今思うと本当に寛容なのよっ。アメリカにいた時にあたしが提示したレッスン代に対して「高いから安くしろ」とか言ってきた人一人もいないんだからっ。
金持ちって本来、あああるべきだわよ。と、ここの金持ちたちに言いたい。

閑話休題。

ご主人がどこぞの銀行の重役のご令息を教えてたんだけど、その方のお宅にお邪魔したらリビングにクルクル廻るセキュリティカメラが付いていたの。
「これ、セキュリティー用?」って聞いたら、
「そうよ。パーティをした後で銀製品とか調度品がなくなってる事が多々あるのよ。あたしの友達でそれがイヤだから絶対家でパーティしない人いるわよ。彼女のお友達が彼女のもの盗んでたんですって。ちなみにそのヤってた方も大金持ちなのよ。誰に盗癖があるかなんて判らないからねぇ。」なんて言う。
リッチな人の家ってだいたいにおいて非常にアクセスしやすいところに高級品が無防備に置いてあるもんなーっ。
うちになんて高級品なんていわれるもんはとりあえずピアノぐらいしかないからそんなこと露にも考えなかったけど、こないだうちでパーティをした時にそれがあたしの身に初めて起こって例えようもないショックを受けている。
うちのおさーんが非常に大事にしてた彼の母親の形見で、アンティークのアイスクリームスクープを誰かにヤられた。
確実にヤられた。
おさーんと思いつく所を血眼になってしらみつぶしでさがして、さらには外にあるゴミ置き場も靴箱の裏まで見たのに結局出てこず。
パーティで使った後洗って乾かしたとこまでは覚えてるんだけど、その後そこから引き出しに入れた記憶がないのよ。
あぁ、思い出深いアイスクリームスクープ盗まれたのも悔しいが、それがこの平和なスウェーデンで起こった、しかもみなさん全然そういうことやらなさそうな、虫も殺せぬ顔されてるのに、ってところがそら恐ろしい。

カメラを付けるお金のないあたしたちは「あまりよく知らない人達をうちに呼ぶのやめようね。言われてみたらここにいる皆さんのこと極少人数を除いてあまり知らないし。」という極めて悲しい決断を下しました。
その来た方達のなかに「ねぇ、ちょっとぉ、うちのアイスクリームスクープあんた見なかった?」なんて気軽に聞ける人なんてひとりもいないのよ。
スウェーデンの人達の「どういう素性なのかある程度わかってからじゃないとお近づきにならない」の精神が悲しくもちょっとよくわかったような・・・。
内田光子が「『知らない』ということがもっとも恐ろしいことです。」と講演会で言ってたけど、ほんと、そのとおりよ、ミツコっ!

われらが気高きスウェーデンの名誉のため言いますが、そのパーティにスウェーデン人は偶然1人もいませんでした。誘っても来ないんでやんの、あいつらw

盗ったひとの未来の平安をこころより祈りつつ。
夜道にはくれぐれも気をつけろよ、って言いたいw
みなさんもお気をつけあそばせ。

0 件のコメント: