2014年8月14日木曜日

Journey to Italy 2014 (4) Viterbo & Rome

8月14日、木曜日



4日目の今日は、特筆する事があまりないの。
近くの街Viterbo(ヴィテルボ)を散策に行ったのだけど、夏期休暇で閉まっている店ばかりでちょっとつまらなかった。
夏休みが終って地元の人達がいたら活気があって素敵な街なはず。
「Devil's Advocate(ディアボロス・悪魔の扉)」ってキアヌとパチーノの映画(古い)の誰もいないマンハッタンを彷彿とさせたわ。
お目当てのカフェだったGran Caffe Schenardiは経営不振のため廃業。
その他にも廃業してるお店や売り物件が目立って、なんだか淋しい感じだったわ。

一旦B&Bに帰って休憩してからおさーんをフィウミチーノ空港まで送って行きました。

その後ホテルに直帰するつもりが、ローマに寄って行こうということになってトラステヴェレの観光客が行きそうなレストランでパスタだけ。
これが美味しかったのww 

それにしてもヴィテルボの淋しさとローマの輝きの差。
イタリアの都会と田舎の経済格差を肌で感じた一日でした。

なんか淋しいでしょぉぉ?


ほんとに売り物件が多い 廃屋でかっこ良くはあるんだけど


0 件のコメント: